カテゴリ: 抗CGRP療法

抗CGRP抗体製剤

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

以前からエムガルティについて、このブログでも書かせていただきました。
同じような抗CGRP抗体製剤が8月になって次々発売されました。

8月12日にアムジェン社からアイモビーグ。
8月30日に大塚製薬社からアジョビ。
この2つの薬剤です。

3剤の違いについて

①loading doseとしてエムガルティは最初に2本注射が必要ですが、新しく出た2つは不要です。
つまり、1本だけの注射になりますので、初回の金額は安くなります。

②金額ですが、エムガルティは44940円ですが、新しい2剤は41356円です。
3割負担だと個人負担は1回1000円程度安くなります。

③エムガルティは1ヶ月に1回投与ですが、残り2剤は4週間に1回です。
患者さんの受診頻度によりますので、今までもエムガルティは1ヶ月前後で来院されていますので、
この違いは患者さんにとってはあまり変化ないかもしれません。

④アジョビは12週間に1回675mg投与することが可能です。
遠方から通院されるような患者さんで、安定した患者さんでは12週間に1回投与も可能です。
受診頻度を減らすことが可能ですが、これを使われる患者さんは多くないと思います。
実際問題として3本うたないといけません。それもそれで大変ですね。

⑤注射方法
私はエムガルティは普通の注射の方法で選んでいます。
一般的にはオートインジェクターといって機械的に注射するやり方が圧倒的に多いようです。

同じ方法はアイモビーグでもオートインジェクターという方法です。
一方、アジョビは一般的な注射のみです。
アジョビのみが1.5mlで残り2剤は1mlですので、アジョビが少し量が多く、時間がかかります。

この点については患者さんにとっては大きな変化ではないのかもしれません。
(すいません。私は打たれたことがないのでわかりません。)

エムガルティが既に全国で5000人ほど使っているデータがあるようです。
当院でも30人ほど使っております。

本日までにアイモビーグ1人・アジョビ3人使用しております。
今後は、エムガルティだけでなくアイモビーグ・アジョビを使われる人が増えていきますし、
それぞれの薬剤同士での切り替えケースも増えていくと思われます。

まずは一人でも多くの片頭痛患者さんの痛み/苦しみ/悩みが改善されることを祈ります。
また、少しずつ情報発信していきます。

池田脳神経外科 092-589-0150
池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
You Tube(池田脳神経外科公式チャンネル) https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload...

IMG_5736

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

先週、
22例の患者さんについて1ヶ月後の経過について報告しました。
今週は、2ヶ月後の経過について報告します。

つまり3回注射した患者さんが13人になりました。
上のグラフになります。

エムガルティについてはSNSで発信される人も多いらしく、2回目が悪化するので注意と言われるものもあると聞きます。
いろんな情報が飛び交っているようですが(私は未確認・患者さんの話によると)、あくまでも個人の感想です。

ある程度まとまったデータになるとこうなります。
平均値が11.3回/月→5.2回/月→5.2回/月ですので、2ヶ月目も1ヶ月目と同じような効果が持続できていると判断できます。中をみますと、1ヶ月目より2ヶ月目の回数が多い人もいれば、少なくなる人もいて、平均的には変化はあまりないように感じます。

あきらかに効果がないと言われる人は今のところはいないように思います。

今回の結果はメーカー側が出している治験の結果とあまり変化ないように思います。
エムガルティを続ければ、この効果が持続すると考えていいと思います。

花さんが患者さんのリアルなコメントを先週のブログに寄せていただいております。私も外来で似たような効果の実感を聞きます。片頭痛で悩まれている多くの患者さんに、このような薬が届くことを祈っていますし、少しでもお手伝いができればと思っています。

本年11月19日~11月21日第49回日本頭痛学会が静岡で行われます。
今年は「CGRP療法元年」ですので、多くの関連演題が出るものと思われます。

私も今年は「エムガルティ」関連の演題を発表する予定にしております。



池田脳神経外科 092-589-0150
池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc

IMG_5707

[[img(
https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。


本日は当院でのエムガルティ使用結果について御報告します。
現在までに27例の患者さんにエムガルティを使用しました。

2回目のエムガルティを使うと、使用1ヶ月の結果が報告できます。
当院では22例の患者さんについて1ヶ月後の経過について報告します。

SNS(Facebook・Twietter)でいろんな情報が拡散されているようです。
内容はもちろん確認しておりません。良い・悪い。いろんな意見があって当然だと思います。
昨日もTwitterにupしたいので、エムガルティの写真を撮りたいと言われた患者さんがいらっしゃいました。高いお薬ですし、当院では常にwellcomeです。

まず、使われる患者さんの特徴としては
やはり片頭痛の程度・頻度が強い患者さんが多いようです。

上のグラフにものせていますが、7回~16回/4週間で平均値が11.8回ですので、全体的には回数が多い患者さんが対象となっています。

1ヶ月後ですが、おおむね減少しています。
変わらない・増えたという患者さんは1人もいらっしゃいませんでした。

平均値として11.8回→5.8回ですので、半減しているということです。
もちろん、回数が減るのは当然なんですが、他にもいろんな点が変わることが注目する点です。

① 頭痛回数

 ● 発作回数は平均的に半分以下になる。

 ● 痛みの程度が軽くなる。

 ● これまでなら頭痛がくる感覚が途中で止まる事がある。

 ● 飲酒・天候・月経などで片頭痛に進んでいかない事がある。

② トリプタン製剤について

 ● トリプタンの効果が良くなる。(内服する回数が減ると効果はup!)

 ● 普通の鎮痛剤内服でも十分効果がでることがある。

③ その他

 ● 非発作日(薬を内服しない日)もスッキリすることが多く、performanceが改善する。

 ● 痛み以外の副作用がほぼない。

当院の患者さんでは、このような効能を答えていただきました。
万人に同じ効果がでるとは言いませんが、今までにない効果だと感じています。

もう少し、注射する人が増えれば中身の濃い話しになるのだとおもっています。

また大塚製薬から「アジョビ」、アムジェンから「アイモビーグ」という同様な治療薬が8月に発売を予定されています。何れも当院で治験を担当させていただきました。

これらの薬剤についても効果が楽しみです。


池田脳神経外科 092-589-0150
池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc


 ● 金額以外に問題になることがない。

 ● 効果を実感した場合に止めたがらない。



healthcare200909_ttl-pc

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

まず、最初に宣伝します。
今回、患者さん向けに「You Tube」を開設いたしました。
「片頭痛を学ぶ」シリーズです。まだ数は少ないのですが、準備でき次第upしていきます。
是非、ご覧になって下さい。↓↓↓

https://studio.youtube.com/channel/UCvzun1zlHiUih8DarKizKqw/videos/upload?filter=%5B%5D&sort=%7B%22columnType%22%3A%22date%22%2C%22sortOrder%22%3A%22DESCENDING%22%7D

本日は最新の論文からの発表です。

現在、当院(2021/6/21現在)では「エムガルティ」を25人の患者さんに使っています。期待していた効果がでていて、日々「金額」以外は副作用もなくて良い薬であると実感する日々です。

みなさん片頭痛の頻度が減り、程度が軽くなり、トリプタンの効果があがることを大なり小なり認識していただいているのですが、では中止したらどうなるのでしょうか?

本日、ご紹介する論文は、この「エムガルティ」のような抗CGRP製剤を止めたらどうなるの?の論文です。

タイトル:「抗CGRP療法中止後の片頭痛日数の変化」

著者:
Andreas R. Gantenbein(チューリッヒ大学)

要約:
12ヵ月間の抗CGRP療法を行った患者さんが、抗CGRP療法中止後、月間片頭痛日数が増加した。そのため、多くの中止した患者が抗CGRP療法を再開した。

対象:抗CGRP抗体で12ヵ月間治療を行った片頭痛患者52例

結果①:月間片頭痛日数の平均値は治療前で16±7日、3ヵ月目で6±6日、12ヵ月目で5±4日であった。

結果②:治療中断後の月間片頭痛日数の平均値は1ヵ月後で6±4日、2ヵ月後で9±4日、3ヵ月後で11±5日であった。

結果③:その結果、88.9%の患者が治療を再開した。

考察①:抗CGRP療法の効果は、長期間持続することはほとんどない。
考察②:治療中断後、ほとんどの患者で片頭痛頻度が上昇し、再度予防療法が必要となった。

私の治験を行ったときの感想にほぼ似ているなあという印象です。
抗CGRP療法開始後、速やかに片頭痛日数は減っていきます。中止するとジリジリと片頭痛日数は元の状態に戻っていきます。この論文でも対象になった患者さんは比較的に片頭痛日数の多い患者さんですので、金額的には大変高い薬剤ではありますが、一旦中止すると短期間で元の状況に戻るため治療は継続した方がいいようです。

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記  http://headacheikeda.livedoor.blog/
認知症日記 http://dementiaikeda.livedoor.blog/

IMG_5636

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

最初に、昨日までに「エムガルティ」を注射して1ヶ月経過し、2回目の注射にこられた人が10人を越えました。
ですので、次週upするのは1ヶ月の効果がどうだったのか?にしようと思います。

現在までに23人の患者さんにエムガルティを注射させていただいています。
前にも書きましたように、当初は治験した人を中心に注射していただいたのですが、ここのところはずっと治験を経験していない人たちが「エムガルティ」を注射されていき、割合は治験9:非治験14と完全に逆転しました。

今後、治験経験者でも夏のボーナスがでてから注射しようと思っているとか、いついつうの給料日から使い出したい旨の話しがよく出てきます。

「使ってみたい」けど「使えない」の大きな理由は「お金」なんです。
それは仕方ないことです。
当院でも初めて話して、その段階ですぐに注射したいと申し出られても「一旦持ち帰って、落ち着いて考え直してみて~」とお答えして、その日の注射をお断りしているケースもたくさなります。

coolな状況で判断していただくことも大変重要だと考えているからです。
3ヶ月で6万円(保険を使って)の金額ですので、決して安くはないので、十分な時間は必要と思っているからです。

そこで話しになるのが、いつ頃安くなるのか?ということです。
今年、順調にいきますと「エムガルティ」と同じ機序の薬剤が、「大塚製薬」「アムジェン」という2つの製薬メーカーから発売が予定されています。

上のパワポで言えば「エムガルティ」が「Galcanezumab」というお薬で、その下の「Fremanezumab」というのが大塚製薬から出されるお薬で、「Erenumab」というのがアムジェンから出る薬です。

恐らく、値段は横並びです。金額的には使用方法の違いがありますが、概ね同程度の金額が設定されます。
また、薬の値段は2年に1回改定されるだけで、通常はこの金額と決まると2年間は改訂されません。

ですから、新しい薬剤がでてこ値段の変動はなく、次の薬価改定の時期まで変動しません。
2年おきに4月1日づけの改定です。

金額はしばらく変動しないということです。

うう絵のパワポでもわかりますが、既に治験が終わった薬「Lasmiditan」もありますし、現在治験中のお薬もあります。
選択肢は広がる可能性は大ですし、治療しやすくなるのは間違いありません。

でも薬価はどうしても新しい薬は高くなります。


池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記  http://headacheikeda.livedoor.blog/
認知症日記 http://dementiaikeda.livedoor.blog/

↑このページのトップヘ