カテゴリ: 片頭痛の予防薬

https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif
[https://sick.blogmura.com/headache/ ]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

今日は最新の研究報告からです。
デパケン・ランドセン(テグレトール)・トピナなどが片頭痛の予防薬として使われていて、それなりに結果をだしています。ここ3年くらいで新しい抗てんかん薬が発売され、それについても効果を期待する論文がいくつかでていますが、その中でもイーケプラについての報告です。

雑誌:Clinical neuropharmacology誌2013年11-12月号

著者:インド・UP Rural Institute of Medical Sciences and ResearchのArchana Verma先生

目的:抗てんかん薬レベチラセタム(商品名:イーケプラ)の有効性および忍容性を評価した。

内容:片頭痛患者65例を対象とした。対象患者は、レベチラセタム(LEV)群32例、プラセボ群33例に無作為に割り付けられた。試験完了症例数は、LEV群25例、プラセボ群27例であり、13例は早期に試験を中止した。LEVは250mg/日から投与を開始し、1週間おきに250mgずつ追加し、最終投与量である1000mg/日まで増量した。観察期間は3ヵ月間。

結果:・LEV群ではプラセボ群と比較し、片頭痛の頻度(1ヵ月当たりの回数)が有意に減少し(ベースライン時5.17回[SD:1.19]→最後の4週間2.21回[1.47])、重症度も有意に減少した(2.75[0.44]→1.29[0.75])。
・また、LEV群ではプラセボ群と比較し、症状コントロールのために使用する対症療法薬の投与量も有意に減少した(p<0.0001)。
・頭痛頻度が50%以上減少した患者の割合は、LEV群64%、プラセボ群22%であった。
・成人片頭痛患者へのレベチラセタム投与は、頭痛の頻度や重症度を改善し、対症療法薬の使用も軽減できることが示された。

という結果でイーケプラは片頭痛の予防薬として有効性が示されました。
この薬自身が日本で片頭痛の予防薬として適応がとれるようになることはありませんが、保険適応のある予防薬でも効果が少ないケースでは、使うことを検討してみてもいいのではないかと思います。

イメージ 1

https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)
ランキングに参加しています。クリック・ナイス・いいねをお願いします。

今日は片頭痛の予防薬についてご紹介します。
片頭痛の患者さんの多くは低血圧傾向です。ところが40歳代以降の患者さんでは徐々に血圧が上がってくることもあります。

初診で既に高血圧がある患者さんでは片頭痛を減らすため、今後の心血管イベントを防ぐために積極的に降圧治療を行います。

そのような中で「ブロプレス」というお薬が片頭痛の頻度を減らす働きがあると言われていますので、これをよく使います。それでも減らない場合には一般的に使用するミグシス(テラナス)・デパケン・トリプタノールなどの一般的な予防薬を使用します。

恐らく高血圧を呈する片頭痛患者さんは、どのようなタイプであれ降圧すると片頭痛の頻度・程度は減るものと考えられます。東京女子医大の清水先生は「ブロプレス」と同じ機序の「オルメテック」を使って、片頭痛の頻度が減少することを報告しています。ですので、血圧を下げれば片頭痛の頻度・程度が減るが、中でもARBという機序の降圧剤は中でも効果が強く出ることが予想されています。

そういう理屈で私は少し血圧の高い片頭痛患者さんには積極的にブロプレスで降圧するようにしていますし、実際使うことで片頭痛の頻度・程度が減少することを経験しています。

お試しください。

https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)
ランキングに参加しています。クリック宜しくお願い致します。

今日はトリプタノールの話です。
この薬は三環系抗うつ剤という役割の薬で、1961年発売の古い薬です。

基本的な作用は神経伝達物質であるノルアドレナリンやセロトニンの伝達がよくなります。
保険適応はうつ病に適応があるのですが、うつ病で私は使うことはなく、片頭痛や薬物乱用頭痛の治療に使っています。

また片頭痛と緊張型頭痛の混合型頭痛の予防薬としても使うことがあります。

この薬を使うことで痛みを感じにくくしてくれる働きがあり、以前なら鎮痛剤を内服してたころで、内服しなくて済むようになります。また夜間睡眠が充分でない場合などは特に有用です。

飲み方は睡眠前に10mgを内服することから始めます。
副作用として便秘がちになったり、朝から眠気がでたりなどすることです。
不思議と効果が出やすい人は、便秘や眠気などの副作用を感じにくい傾向があるようです。

うつ病の薬ですから使用前に患者さんに十分な説明が必要になります。そうでないと、調剤薬局などで薬の説明する際にビックリされたり、クレームがでたりするからです。

https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)
ランキングに参加しています。クリックをお願いいたします。

 以前も片頭痛の予防薬のお話をいたしました。
 
 中でも最もよく使われていて効果も比較的に確実な「デパケン」のお話をしました。

 私自身はデパケンを使用する場合には、女性の場合には今後妊娠する予定の有無を尋ねるようにしています。もちろん、それは妊娠時の奇形が増加するからです。

 デパケンは量を多く使えば使うほど(具体的には1100mg/日)、また血中濃度が高ければ高いほど(70μg/ml)奇形の発生率が高くなることが既に報告されています。

 また単剤投与より複数投与のほうがおこりやすいなどの報告もあります。

 通常デパケンは以前にも書きましたように血中濃度を測定して、21~50μg/ml程度で十分です。これで予防効果がなければ、増量しても効果が期待できない薬剤です。ですから、てんかんとは使用量が大きく異なります。具体的に使用量として200-400mg/日くらいが一般的な片頭痛での使用量です。

 また他の抗てんかん薬で予防薬として使用するものとしては、トピナ・ガバペンあたりの薬剤です。

 また、予防薬として抗てんかん薬の2剤併用の話は聞いたことはありません。
 私が勉強不足なのかもしれませんが、片頭痛で抗てんかん薬を2剤使用するにはよほどの理由がないかぎり使用するべきではないと考えています。

 シンプルな処方を行うことは患者さんに対しては必要なことだと思います。

https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)
ランキングに参加しています。クリックをお願いいたします。

イメージ 1

https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)
 ランキングに参加しています。是非クリックをお願いします。

 今日はデパケンについてお話したいと思います。

 昨年、片頭痛の予防治療薬として認可されました。もちろん以前から片頭痛の予防効果については数々の論文があり、先日書きました「ミグシス」より有効性が高いという報告がたくさんあります。

 私自身は認可されるまでは「ミグシス」「トリプタノール」を中心に使っていて、それでも改善しないようなケースで主に「デパケン」を使っていましたが、認可されてからはどうどうと使うようになり、使用頻度はふえている薬剤です。

 ただし、この薬剤についてはいくつかの問題点もあります。
 ①もともと抗てんかん薬
 ②妊娠・出産期にある女性では、使用中に妊娠しますと奇形の合併率が増える。
 ③眠気・肝機能障害などの副作用がある

 というところです。

 ですから適齢期の女性であれば、使用にあたってはある程度の説明ならびに患者さんの理解が求められます。通常、片頭痛で使う場合は女性であれば200mg1x夕方もしくは400mg2x朝・夕で使用するのが一般的な使用量です。血中濃度を測定して21-50μg/ml程度にするように定められていますので、これを越える量の使用はしないと思います。

 眠気や肝機能障害も看過できない問題点です。
 内服してしばらくして、状態をお尋ねしたり、採血にてcheckすることで解決できるものです。

 ネガティブな話ばかりで申し訳ないのですが、予防効果としては他剤を凌駕するものだと思っています。

https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)
 ランキングに参加しています。是非クリックをお願いします。

↑このページのトップヘ