カテゴリ: 群発頭痛

https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking_out.html ]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

 天気のいい日が続き、徐々に秋めいてきました。例年秋になるとコスモスが当院の前を飾ります。この時期には、ほとんど駄目になっていますが、手入れがいいわけでもないんですが、まだまだ見頃でしばらく持てそうな感じです。天気がいい日が多いからでは?!と思っています。

 さてさて今日は上記タイトルです。まだ群発期をむかえたわけではありませんが、もうそろそろかな?とも思っています。

 当院では、今までにも群発頭痛の親子例、また遺伝関係はありませんが群発頭痛のご夫婦など近親者で群発頭痛で当院にかかられている患者さんがいらっしゃいます。

 片頭痛では、かなりの患者さんでの遺伝歴が証明されていますが、群発頭痛でも約 5% に家族歴が認められていると言われています。これは一般集団における罹患率より高く、遺伝因子の存在が示唆されています。

 デンマーク,米国,イタリア,フランスで行われた遺伝疫学的調査によれば、群発頭痛患者の第一度近親者が同疾患にかかる割合は一般集団より有意に高く、人口相対危険度( population relative risk )は 4.7 ~ 17.6 倍と報告されています。

 一方、双子で共に群発頭痛に罹患したという症例報告は複数あるようですが、スウェーデンにおける疾患一致率の検討では一卵性 2 組と二卵性 9 組において疾患の有無に関して不一致であり、群発頭痛の発症には、遺伝因子意外にも環境因子の存在が大きいとされています。

 数が決して多いわけではありませんが、群発頭痛は厄介な病気です。先日、今年の日本頭痛学会総会(下関)の案内がきていて、演題を一通り眺めましたが、群発頭痛の演題は今年も少ないようです。興味ある演題もありましたので後日ご報告させていただきます。

https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif
[https://sick.blogmura.com/headache/ ]
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

 今日は久しぶりに群発頭痛についてのお話です。
 まず、今年の頭痛学会総会では群発頭痛についての演題が大変少なく、また目立った論文もなく、この1年原因・治療に対しての大きな変化がないことの表れではないかと思います。
 群発頭痛の患者さんたちは残念がらずに、またいい発表や報告がでる可能性は十分あると思いますので、楽しみに待っていただければと思います。

 さて今日は群発頭痛患者さんが海外旅行をしたら頭痛の時間はどうなっていくのかということについて、お話したいと思います。
 仕事の関係で海外によく行かれる患者さんです。海外へ旅立つ前から1.5年ぶりに群発が始まりました。大変心配・不安を抱えての旅立ちだったと思います。イミグランの自己注射を十分な量準備されての出発になりました。

 ご存じのように群発頭痛は深夜~早朝にかけて頭痛発作がおこるわけです。海外へ行きますと日本時間の深夜は昼間になる地域もありますので、どの時間帯におこるか大変興味深かったわけですが予想どおりでした。

 海外へ行かれたすぐの朝にはおこらず、日本時間の深夜~早朝におこり、滞在中に徐々に時間帯がずれてきて滞在地域の深夜帯にシフトしたようです。その頃、日本に戻られましたので、また来た道を戻るように再度、群発がおこる時間が1日1日シフトして再度深~早朝の時間に戻られるようです。

 この現象は大変意味のある現象です。時間帯ではなく、眠るという行為が群発をいざなうものだということではないでしょうか?! 例えば飲酒すると群発頭痛の人は頭痛が誘発されるわけですから、時間帯でおこるのではなく、睡眠が群発をいざなうということになるのではないかと思います。

 またいろいろ考えてみたいと思います。

https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

 昨日から本日にかけて台風が本州を縦断するとのことで、今日は1日台風情報のようです。
 当地は風は大変強いようですが、いい天気で紫外線が強い日になっています。

 さて今日は群発頭痛です。
 最初に書きますが、いい情報はないです。新しい知見の発表も今のところはありません。
 台風にも絡みますが、群発頭痛の時期に入っています。
 先週は1日2人の群発頭痛新患がきました。同じ日に群発新患2人は珍しいです。
 それ以外にも2人の群発頭痛患者さんが群発期に入っています。

 当診療所では4人群発頭痛患者さんがでれば群発警報といってもいいと思います。
 初発・再発入り乱れて受診に来られる可能性あります。
 今年は夏が長く、更に8月末から立て続けに3発の台風ですから、環境的にもおこってもおかしくない環境になってきました。

 患者さんにとっては大変嫌な時期だと思います。
 唯一は比較的に群発頭痛が市民権を得て、以前より早く診断がつけられるようになったことと、イミグラン自己注射を始め、治療ができるようになったことが救いだと思います。

 みなさんお気を付けください。

イメージ 1

イメージ 2

https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)
 ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

 今日はイミグラン皮下注射キットについてです。
 というのも、今は群発頭痛の発症時期だと思います。
先週1週間に群発頭痛でイミグラン皮下注射を始めた患者さんがなんと3人もいらっしゃるからです。
いずれも男性で、比較的がっしりした人で、診断までに時間がかなりかかったと思われる患者さんでした。群発頭痛は発症から診断までにかなり時間がかかるケースが多く、今週見えた3人もそのような経過のようでした。

 当院では1年間に10人前後の患者さんが新規でイミグラン自己注射を始められています。
 この治療は、群発頭痛・片頭痛の患者さんが適応になります。

 初回時にはスターターパックというDVD・練習用キット・自己注射のペンホルーダータイプの注射器などが入っているパックをお渡しして、注射の方法を簡単に説明します。
 もちろん家でDVDをみていただき、使い方をある程度確認します。
 当院では、スターターパックは院内で処方するようにしております。
 大体このスターターパックに自己注射管理料プラス初診料などで、4000円程度のお支払いが必要になりますし、これにMRI検査などがありますとまた値段はかなり高くなりますが、10000円ではお釣りがくる程度の費用です。

 この方法は群発頭痛には著効します。
 30分後の改善は90%を越えます。
 イミグラン点鼻はどうしても効果が遅いために、群発では30分後の改善率は60%程度ですので、効果の良さがわかります。
 群発ではトリプタンの内服は効果が薄いので、イミグラン自己注射>>点鼻の順番になります。

 群発頭痛の患者さんにとっては、今自己注射を凌駕する治療方法はなく、もっと安くでできる治療方法も待たれます。

 群発頭痛の新患さんが今日も来院。再診の患者さんもきたりで、現在群発時期の患者さんが4人いらっしゃいます。群発時期ですね。
 
 今日は女性の群発頭痛の患者さんから、大変いい勉強をさせていただきました。
 
 「群発頭痛はお産より辛いんです。お産は周りの状況で、進み具合もわかるし、何より産まれるという喜びがあります。でも群発頭痛はいつ終わるともわからない辛い痛みです。」
 
 鼻をグシュグシュさせてお話していただきました。
 
 患者さんからは本当に勉強をさせていただきます。
 
 群発頭痛>お産の痛み
 
 確かにとうなずく点もありますね。女性の群発頭痛の数は少ないのですが、本当に特徴的であり、草食系男子・肉食系女子などと揶揄されていますが、女性の群発頭痛は全国的にも増えていますね~。

↑このページのトップヘ