カテゴリ: 頭痛の研究会・講演会

イメージ 1

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

前回同様片頭痛を予兆期でどうにかしたいをお届けします。

郭先生の言う予兆療法の定義は
(卞痛の予兆を自覚した時のみ行う
頭痛発作が出現してからは行わない、
M獣絈屠〇楾垳紊貌痛が出現した際には、いつもの急性期治療を行う
ど要に応じて予防療法と併用することもOK!
となっています。

つまり現在片頭痛で通常の治療は今まで通りしてもOK!だということです。

そこで片頭痛はめまいを併発しやすく、天気が悪くなる前に頭痛もめまいもという経験をされた患者さんも多くいらっしゃると思われますが、予兆の際にセファドールという抗めまい薬を使ってみるということをされています。

理屈としては「気圧の低下を内耳で受信して前庭神経を介して片頭痛発作の引き金となる」という理論です。

セファドールという薬は、循環改善作用と前庭神経路の調節作用があるとされ、めまいの原因となる末梢前庭からの異常な信号を前庭神経核及び視床下部のレベルで遮断し、平衡系のアンバランスを是正する作用を持ちます。

そこで334人の片頭痛患者の中で
(1)予兆がある(332例)
(2)天気悪化によって頭痛発作が誘発される(236例)
(3)めまい症がある(265例)
という3つの条件を満たす111例にセファドールによる予兆療法を施行し、検証してあります。

 結果として73人のうち
1)2回に1回以上阻止できたのが48%
2)2回に1回未満とやや有効だったのが38%
3)無効だったのは14%
4)86%にあたる63例で頭痛発作を出現前に阻止することができた
5)予兆療法により頭痛が軽減したが26例(36%)
6)やや軽減したと回答した患者が28例(38%)

ということです。
定期的な服用では無く、野球で言えばリリーフピッチャーのようにピンチになる前で危険な芽を摘んでしまうと言う話しだと理解してください。

以前、郭先生に質問した債には他の抗めまい薬にも同じような効果が期待できるとのことです。

私は個人的には天気が悪化する前に片頭痛がおこることが多い患者さんで、予兆・前兆から頭痛までの時間がかかるタイプの患者さんなどでは有効な方法と考えます。

今使っている予防療法やトリプタン・鎮痛剤などの急性期療法も平行して使えて、かつ値段も安い薬剤というところがストロングポイントだと考えています。

一度ご検討下さい。

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日も日本頭痛学会総会からのお話です。

まずおさらいです。

片頭痛の経過は4つに分類されます。
機僕獣畯釗 ´供冒庵畯釗´掘貌痛期 検鵬麌鉸釮任后

現在の片頭痛の急性期の薬物治療の原則は、掘貌痛期におけるトリプタン製剤もしくはNSAIDsといった鎮痛剤を使った治療になります。

その頭痛期に行く前の前の段階である予兆期にどうかして回避したいという話しです。

以前もブログで片頭痛の予兆を感じたら何をしますか?

一番多かったのは「いつも痛くなる場所を冷やす!」でした。

片頭痛がおこることがほぼ予想されている段階で手をこまねくのは何かもったいない。

どうかしてあの片頭痛を回避したいというのは患者さん共通の考えではないでしょうか?!

今一般的に実践されている方法としていくつかの具体的な方法があります。

‥任気どめであるナウゼリンを服用する。
→片頭痛の約6割が予防されたといったデータもあります。
実際は多くの頭痛外来で試されています。五十嵐久佳先生がいつも話されるのがこの方法です。

月経前日から開始日にかけて必ず片頭痛がおこるとされている月経時片頭痛の患者さんには、前もって長時間作用性のアマージを服用していただくと、6割で頭痛が回避され頭痛の重症度も軽くなる。
→これは実は日にち限定にしないと薬物乱用頭痛をおこす原因になるために注意が必要な方法です。

0鼎ど屋で静かにして、あらゆる外界からの刺激を遮断して、頭部を冷やし鎮痛剤を内服して、ひたすら眠る。
→この方法も比較的いい方法なのですが、何せ時間を要する。半日をつぶさなければいけないなど、かなり制約も多く決していい方法ではないのです。

皆さんもそれぞれ自分なりの工夫があると思います。

今回の総会でも2年前の京都の総会で一度発表された山口の郭先生の演題が大変興味深く、安価で簡単にできる方法を提示されました。

少し長くなりましたので、次週郭先生の方法について「片頭痛を予兆期でそうにかしたい(2)で詳しく書いていきます。

お楽しみに!


池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda

イメージ 1

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日は第46回日本頭痛学会総会についての話しです。
毎年10月~11月にかけて行われます。年に1回の「頭痛の祭典」です。(笑)

全国の頭痛の研究者・医師・看護師・鍼灸師・歯科医師・薬剤師など多職種の学会になります。

一昨年が「京都」。昨年が「大阪」。今年が「神戸」と三都物語です。

ここ1-2年は今年アメリカを含む諸外国で発売になった抗CGRP療法についての話題がmainです。
日本では現在治験中ですので、我々日本人からの抗CGRP療法についての発表はなく、全て外国人による発表が多数準備されています。

また現在、片頭痛治療薬のメインでもありますトリプタンですが、主な副作用でもあります。倦怠感・頚部~頭部にかけての締め付ける感じ・眠気などが緩和された薬剤「ラスミディタン」の治験結果についても報告される予定になっています。

現在、開発されアメリカを中心に販売されている抗CGRP療法剤(全て月1回の注射)はあくまでも予防療法です。大きな効果をあげていますが、それでも片頭痛発作はおこります。

そんな時に従来のトリプタンより効果は同等で、副作用が少ないこの「ラスミディタン」がアメリカ同様に認可されていただければ、更に我々としては選択肢が広がり、今まで以上に患者さんの恩恵に繋がることが予想されます。

(以下、ラスミディタンについての以前のブログです。)
https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda/40976156.html

何れにしても盛りだくさんな会になっています。
あと2年後に日本の片頭痛治療が大きく変わることを体感できる学会になるものと思っています。

一応、細々と私も演題発表して参ります。

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda

イメージ 1

イメージ 2

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日は片頭痛研究会に出席してきましたので、その話題です。

「レルパックス」というファイザー社が出している片頭痛の薬があります。

そのファイザー社が2006年から毎年、この時期に行っている片頭痛の研究会です。

実は「レルパックス」。今年ジェネリックの製造承認が8月におりました。
早ければ12月に待望のジェネリックがでます。
現在、レルパックスは900円弱すると思いますが、300円台の金額でジェネリックがでることが予想されます。
現在、最も売れているジェネリックですので、5社から発売が予定されています。

金額的には随分安くなります。患者さん的には効果は同じであれば、値段が安くなるのは大変ありがたいことです。

さて、そういうこともあって、この研究会は今回が最終回ということです。

今回のテーマは「心理社会的要因の関与する頭痛へのアプローチ」というセッションで心療内科の先生で片頭痛に対しての経験も大変豊富な東邦大学教授の端詰先生のお話を聞いて、更にsmall groupでdiscussionしてきました。

心療内科の先生のアプローチは我々とはひと味もふた味も違っています。
「患者さんを主役にした片頭痛治療」ということのようです。

一人一人アプローチは違っていい。相手を重箱の隅においつめるようなことはしてはいけない。

我々は頭痛の専門家であり、一人一人の時間も限られていて、ややもすれば自分のやり方を相手に押しつける的なことになりがちです。それではいけないよということなんです。

常に患者さんが主役である。そんな全人的な医療をというお話をいただきました。

1例1例自県例をあげられ、このような際にはどのように患者さんにアプローチするか、そうして決してやってはいけないことなどを教えていただきました。

患者さん患者さんで考え方も違うように、アプローチも違います。
やっちゃいけないといわれたことが正解で、こうしたほうがいいということが結果間違いだったということもあると思います。

しかし、端詰先生のおっしゃる「患者さんを主役にした片頭痛診療」を心がけたいと思います。

大変勉強になりました。



池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda

イメージ 1

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

今回はこの話題です。

今年も秋に第46回日本頭痛学会総会が神戸で行われます。

第44回が京都。第45回が大阪。そして第46回が神戸。
三都物語の完結編です。

7月31日が学会発表の演題募集締め切りになります。
今年も無事に演題を提出しましたので、順調にいけば11月に神戸を訪れる予定です。

現在の頭痛学会は端境期にきています。
ざっとこの20年くらいは、片頭痛治療の進展がなかったものが
〕祝斌瑤箸靴
ミグシスという予防薬が認可され、2010年代になって欧米と同様にデパケンやインデラルといった薬が使えるようになりました。

頓挫薬として
もちろんトリプタンの発売です。
イミグラン→ゾーミッグ→レルパックス→マクサルト→アマージと5剤のトリプタンが発売されました。
既にイミグラン・ゾーミッグ・マクサルトにつきましてはジェネリックも発売されています。

またイミグランは内服だけではなく、点鼻・注射・自己注射といろんな使い方ができるようになりました。

このように片頭痛患者さんは大きな恩恵をえました。

また片頭痛以外でも
2鯲ダ動脈瘤 RCVSといった急性の頭痛を来す疾患が注目されるようになり、病態・画像診断・治療方法などもほぼ確立された感がございます。

そういった中で2年後におそらく抗CGRP療法が認可される予定で治験が行われています。
今年5月にアメリカで認可が下りたことは追い風ですし、治験の途中経過も順調にいっているような話しになっているようで、大きな期待が寄せられています。

今年も抗CGRP療法の話しが多くでてくることが予測されています。もちろんまだ認可されていませんので、海外からのデータということになろうかと思います。

何れにしても発表の準備は大変で、お話を聞きに行けるのは楽しみといったところです。


池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda

↑このページのトップヘ