カテゴリ: 頭痛の研究会・講演会

img001
[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html 
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日は頭痛の啓蒙活動についてのお話です。

本年2月22日に「グリーンライトキャンペーン 2024 in Fukuoka」をさせていただきました。
来年も同じような活動ならびに市民公開講座を予定しております。

その前に女子学生の皆さんに頭痛の啓蒙活動を行います。

日本頭痛学会では、今一般市民に向かって啓蒙活動を行っていますが、なかなか実にならない状況があり、どうにかしていきたいジレンマを抱えています。

片頭痛は疫学調査で男女比は1:3.6で女性に多い疾患です。
うちの診療所では、受診される片頭痛患者さんの男女比は1:5.2と更に女性の割合が増え
抗CGRP製剤使用割合ですと男女比は1:8.2と更に更に女性の割合が増えます。

このような状況で効率的に啓蒙できるのは、やはり女子高や女子大学だと考えるからです。
また、10歳代後半~20歳代前半に知ることで、上手に片頭痛がcontrolできるようになったり、
理解が進むことで、職場の環境が良くなっていくことを期待しています。

「たかが頭痛、されど頭痛」なのです。
多様性が叫ばれる日本ですが、まだまだ男社会なのです。

昨日も40歳代女性が「頭痛」くらいで仕事を休んでいると思われるのが嫌だと話していました。
もちろん上手にcontrolできて「頭痛」くらいで休まないでいいのが一番ですが、「頭痛」くらいで
仕事が休める環境や、「頭痛」くらいで休んでいると思われるのが嫌と思わないでいい社会を
目指しています。

昼休み時間でもある13:10-13:40の30分間です。
録画されて、期間限定で学内の人にはYou Tubeにもupされると聞いております。

一人でも多くの人に足を運んでもらい、一人でも多くの人の片頭痛controlが改善
されるようになることを切に願っております。


池田脳神経外科 092-589-0150

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/

池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc

あやケアプランセンター https://www.ayamedicalcareplan.com/

頭痛日記  http://headacheikeda.livedoor.blog/

認知症日記 http://dementiaikeda.livedoor.blog/

You Tube https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload

EPSON004
[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html 
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

日本頭痛学会ならびにJPAC(頭痛医療を促進する患者と医療従事者の会)が後援する「片頭痛」のオンライン市民公開講座が開かれます。

まず日程が2つあります。何れも土曜日ですが、、、。
また時間帯も午前・午後に分かれていて大変見る人に寄り添ったスケジュールになっています。

登場される先生方も日本のtopの先生方であり、大変いい企画だと思います。
QRから詳細・申し込みができますので、興味のある方は是非参加していただきたいです。

今年の2月22日「頭痛の日」にも同じような市民公開講座があって、かなりの視聴者がいたと「アイモビーグ」のアムジェン社が話されていましたので、ここは非常にニーズが高いと思われます。

私もコロナ禍で同じようなWeb経由の市民公開講座を行ったことがあります。非常に参加される方は意識が高く、質問もリアルなものが多かった印象で、一般の方が片頭痛に困っていることが垣間見られました。


全国区の市民公開講座で、かつ日本頭痛学会・JPACが後援していますので、参加者が多いと予想されます。

是非、興味のある方は参加してください。

池田脳神経外科 092-589-0150

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/

池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc

あやケアプランセンター https://www.ayamedicalcareplan.com/

頭痛日記  http://headacheikeda.livedoor.blog/

認知症日記 http://dementiaikeda.livedoor.blog/

You Tube https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload


51slide

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html 
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日は日本頭痛学会総会が12/1-12/2にかけてパシフィコ横浜で行われるというお話です。
昨年は東京・今年来年と横浜で開催されます。

12/1-12/2というものの、前日の11/30も午後から関連の研究会が行われ、学会翌日の12/3も
同様に関連の研究会が開かれますので、実質は前夜祭・後夜祭的なものも含めて4日間に渡り
頭痛について議論しあう会ということです。

参加人数も多く、関係する製薬会社なども含めると大変多数の人が関わることになります。
2021年に抗CGRP製剤(エムガルティ・アイモビーグ・アジョビ)が発売されて、この業界も
一気に活性化してきました。

今後も新たな抗CGRP製剤(eptinezumab)・gepant製剤が日本では治験が行われていて、
2-3年後に発売を予定されていますので、しばらく活況な状況が続く事が予想されています。

日本全国で頭痛の講演会・研究会なども多く行われていて、益々盛り上がりを見せています。
この日本頭痛学会総会でも新しいテーマの演題も数多くエントリーされていて興味深いです。

私も昨年に続いて、今年行ってきた「頭痛いろは塾2の試み」という演題を発表させていただきます。
一昨年・昨年と複数演題発表してきましたが、今回は1演題のみではありますが、準備万端で
いい発表ができるのではないかと思っております。

また、このブログでも面白かった・興味があった演題についてはご報告していこうと思っております。


ご期待ください~!


池田脳神経外科 092-589-0150

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/

池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc

あやケアプランセンター https://www.ayamedicalcareplan.com/

頭痛日記  http://headacheikeda.livedoor.blog/

認知症日記 http://dementiaikeda.livedoor.blog/

You Tube https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload

img20230109_13420289
[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日は、昨年から福岡県でやっている「頭痛いろは塾」についてです。

この件については第50回日本頭痛学会で報告しました。
宜しければYou Tubeでupしております。
https://www.youtube.com/watch?v=taaQbynNg6U

このseason2を今年やります。

例えば日本での片頭痛人口は840万人と言われています。
その3/4は通常は市販薬で対応しています。

当院にもこられる患者さんでも「頭痛くらいで病院に行っていいのですか?」という話をよく聞く。
市販薬で十分効果があれば、もちろんぞれでOKですが、そうでもない現状が日本にはあります。

また我々医療者側におきましても、「片頭痛」をきちんと診断できない医師が多いのです。
もちろん一般の人には見れるだろうと期待される脳神経外科・脳神経内科でも、意外ときちんとできないのです。

そんな状況を打破すべく、このような会を持ちました。

頭痛診療の均てん化を目指しています。

均てん化とは?
生物がひとしく雨露の恵みにうるおうようにの意味で、全国どこでも片頭痛に対して標準的な専門医療を受けられるよう、医療技術等の格差の是正を図ること。という意味です。

全くの初学者でもすぐに「頭痛診療」できるような塾でありたいということで「いろは塾」と名付けました。

一般の人は残念ながら参加することはできないのですが、初学者からベテランの先生にも十分満足していただけるような会になるよう、鋭意努力していきます。

私自身はseason1では「女性・小児の片頭痛」を受け持ちました。
今回season2では「群発頭痛」を受け持つことになりました。

全国の大変有名な先生をお迎えして、実りある会にしていきたいと思っています。

池田脳神経外科 092-589-0150
池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
You Tube(池田脳神経外科公式チャンネル) https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload...

IMG_7725

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[
https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

11/25・11/26と日本頭痛学会が東京の品川プリンスホテルで開かれました。

11/24が木曜日でしたので、午前中の診療を終えて上京します。
同日夜には、会長招宴という宴が行われました。
私は頭痛学会の代議員・かつ座長のお仕事もあったので会長招宴から参加しました。
素敵なpiano演奏に中華料理のコースにワインの数々。ありがたい会です。

今年の頭痛学会総会では
11/25に2つの発表。1つのコメンテイター。
11/26は1つのセッションでの座長と大忙しの学会でした。

発表は「福岡県頭痛診療均てん化プロジェクト~頭痛いろは塾の試み~」と「フレマネズマブの治療効果」の2つです。
前半の演題はYou tubeにupさせていただきました。

他の地域の先生からも質問をたくさんいただきまして注目していただきました。
来年は続編の発表を予定しています。

また、2つ目の演題のフレマネズマブは商品名「アジョビ」です。当院では発売から25人ほど「アジョビ」で治療をしていますので、その報告を併せて行いました。

頭痛学会総会は頭痛診療を行っている全国の医師・研究者の祭典です。
これから発売される薬の途中経過や、これから治験が始まる薬の話。
また昨年・今年と新たな薬剤4種類の報告など多彩です。

コロナ禍になり、WEB講演会が全盛で遠い所まで行かなくなって良くなりましたが、WEBでは会ったことはあっても、実際は会えない全国の先生方がたくさんいらっしゃあいます。そんな先生方にも直接お会いできますし、face to faceの会の良さを十分感じたところです。

今回の発表の反省を行い、また来年(横浜)の会につなげて発表の準備を1年かけて行う事になります。まさに終わりなき旅なのであります。

池田脳神経外科 092-589-0150

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/

池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc

頭痛日記  http://headacheikeda.livedoor.blog/

認知症日記 http://dementiaikeda.livedoor.blog/

You Tube(池田脳神経外科公式チャンネル) https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload...

↑このページのトップヘ