カテゴリ: 頭痛の研究会・講演会

IMG_7725

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[
https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

11/25・11/26と日本頭痛学会が東京の品川プリンスホテルで開かれました。

11/24が木曜日でしたので、午前中の診療を終えて上京します。
同日夜には、会長招宴という宴が行われました。
私は頭痛学会の代議員・かつ座長のお仕事もあったので会長招宴から参加しました。
素敵なpiano演奏に中華料理のコースにワインの数々。ありがたい会です。

今年の頭痛学会総会では
11/25に2つの発表。1つのコメンテイター。
11/26は1つのセッションでの座長と大忙しの学会でした。

発表は「福岡県頭痛診療均てん化プロジェクト~頭痛いろは塾の試み~」と「フレマネズマブの治療効果」の2つです。
前半の演題はYou tubeにupさせていただきました。

他の地域の先生からも質問をたくさんいただきまして注目していただきました。
来年は続編の発表を予定しています。

また、2つ目の演題のフレマネズマブは商品名「アジョビ」です。当院では発売から25人ほど「アジョビ」で治療をしていますので、その報告を併せて行いました。

頭痛学会総会は頭痛診療を行っている全国の医師・研究者の祭典です。
これから発売される薬の途中経過や、これから治験が始まる薬の話。
また昨年・今年と新たな薬剤4種類の報告など多彩です。

コロナ禍になり、WEB講演会が全盛で遠い所まで行かなくなって良くなりましたが、WEBでは会ったことはあっても、実際は会えない全国の先生方がたくさんいらっしゃあいます。そんな先生方にも直接お会いできますし、face to faceの会の良さを十分感じたところです。

今回の発表の反省を行い、また来年(横浜)の会につなげて発表の準備を1年かけて行う事になります。まさに終わりなき旅なのであります。

池田脳神経外科 092-589-0150

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/

池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc

頭痛日記  http://headacheikeda.livedoor.blog/

認知症日記 http://dementiaikeda.livedoor.blog/

You Tube(池田脳神経外科公式チャンネル) https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload...

IMG_7657

[[img(
https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[
https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

本日は大した話ではありません。
全国講演会で11月14日発表したお話です。

抗CGRP製剤(エムガルティ・アイモビーグ・アジョビ)が発売されてから、Web講演会で話をさせていただく機会が一気に増えました。もちろん、これはコロナ禍だからのことで、本来はface to faceで行っていたものを、webで繋ぐようになったわけです。

しかし、これ大変いい方法で、会場に向かわなくても聞ける。遠い所の先生の話も聞ける。行う側としても費用がかからないなどのmeritも多くあると思います。

昨年は30回ほど、今年は60回以上の機会をいただきました。
聞いていただく先生方、製薬会社さんに大変感謝しております。

多くは地域に限定された会で少なければ20人前後、多い時は100人近いわけですが、全国講演会では1000人単位の人に聞いてもらえる会になります。

今年は座長として1回。演者として3回。全国講演会の機会をいただいたことになります。
全国の先生方と知り合う機会も増えて、昨年の日本頭痛学会では突然声をかけていただくことが増えて、ありがたいかぎりですし、再度講演会に呼んでいただくことも増えました。

大学病院や大きな基幹病院の医師でもない、一開業医に過ぎないわけですから、これは本当にありがたいことだと思っております。

もちろん準備には時間がかかり、以前より忙しい日々を送らせていただいておりますが、これはこれでまたありがたいことです。また、早めに診療を終えないといけないので、スタッフには大変迷惑をかけています。(スタッフ的には時間できっちり終わるので早く帰れるので嬉しくもあるようですが、、、。笑)これもこれで大変感謝であります。

来週11/24-11/26は東京で第50回日本頭痛学会が行われます。
私は2つの演題を発表する予定になっております。

また、たくさんの学びが得られるよう頑張っていこうと思っております。
皆さんへの感謝を忘れないように~!

池田脳神経外科 092-589-0150

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/

池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc

頭痛日記  http://headacheikeda.livedoor.blog/

認知症日記 http://dementiaikeda.livedoor.blog/

You Tube(池田脳神経外科公式チャンネル) https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload...



50回頭痛学会総会

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[
https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日は今年も日本頭痛学会が行われるという話です。
今回で第50回になります。

京都・大阪・神戸と三都物語でして、筑波・静岡と続いて、久しぶりに東京で行われます。

昨年は新型コロナの影響で現地開催できるかWEB開催かというところでしたが、コロナがたまたま大変落ち着いた状況でしたので、現地開催になりました。さて、今年はどうでしょうか?

半年も先のコロナの状況はわかりませんが、今は「with コロナ」を目指していますので、現地開催されるのではないかと思っております。

昨年は「エムガルティ」発売して半年でしたので、「エムガルティ」一色な学会になりましたが、今年は「アジョビ」「アイモビーグ」の演題もかなりでるでしょうし、まだまだ「エムガルティ」の演題も多いと思われます。

また6月8日に前回紹介しました「レイボー」も発売されますので、「レイボー」がらみの演題も多く発表されるものと思います。

昨年の3種類の薬剤の発売があり、今年も「レイボー」が発売され、この業界は非常に活気を帯びています。

また現在、他のCGRP製剤の治験・gepant製剤の治験なども目白押しになっていて、ここしばらくは大変活気のある環境ではないかと思います。

私も昨年同様、今年も複数演題を発表する予定にしております。

学会は学びの場でもありますが、発表の場でもあります。
また、皆様の意見を伺ういい機会でもあります。
今年もそのような場にできますよう努力していきたいと思っております。

池田脳神経外科 092-589-0150

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/

池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc

頭痛日記  http://headacheikeda.livedoor.blog/

認知症日記 http://dementiaikeda.livedoor.blog/

You Tube(池田脳神経外科公式チャンネル) https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload...


main_img

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日(11/18)から第49回日本頭痛学会の一部がスタートします。
正確には明日11/19から11/21までの3日間と長丁場の学会です。

2年前は浦和で普通に行われ、昨年はつくばでしたが、COVID19の影響でほぼWEB開催でした。
今回はCOVID19も収まりつつありますので、通常開催されます。

今年は抗CGRP抗体製剤(エムガルティ・アイモビーグ・アジョビ)が発売された記念すべき年です。
演題も多く、活気のある学会になります。

かういう私も6年連続13回目の頭痛学会での発表ですが、今年は初めて2演題の発表です。
何れも抗CGRP抗体製剤についての演題になります。

学会は静岡ですが、福岡-静岡間はdirectの飛行機がありますのでありがたいです。
発表は11/21(日)です。
11/19(金)は通常に診療を行い、診療後飛行機で静岡へ
11/20(土)は代診の先生にお願いしております。

外来診療が休みづらいし、休むと前後が激しく忙しくなるので、それも辛い。
また患者さんにご迷惑をおかけしますので、苦渋の選択になります。

学会に行きますと
①新しい知識を得ることができます。
②いい緊張感でmotivationがあがります。
③既知の知人たちに会い、意見交換ができます。
④発表しますので勉強もしますし、知識を整理します。

このような恩恵にあづかれるので休診してもいかないといけません。
でも患者さんになるべくご迷惑のかからないようにしないといけません。

今年の頭痛学会はかなりHOTな学会になりそうです。



池田脳神経外科 092-589-0150
池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
You Tube(池田脳神経外科公式チャンネル) https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload...

IMG_4804

You Tubeにて学会発表をupしています。↓↓↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=7_oSBN9ob6M

専門的な話しが多いので、一般の人には少し難しいかもしれません。


本日は11月7-8日つくば国際会議場にて行われた第48回日本頭痛学会総会についてです。

今年はコロナ禍での学会ですので、Webを中心にした学会になっています。

一部の先生方はつくばまで出かけられて、real timeに発信されるようですが、私は動画公開です。

今年は来年3つの製薬会社で発売を予定されている抗CGRP療法について、治験データも含めて発表される大事な学会になる予定でしたし、私自身はつくばには行ったことがなかったので、大変楽しみにしおていたわけですが、残念ながらWeb開催となりました。

もちろん、つくばに出かけてもいいわけですが、11月の週末の忙しい日程でしたので、今年はPCの前に座って聞く事と致しました。

私自身の発表もWeb上での発表ですので、どれくらいの人がどれくらい興味を持って聞いて頂けるかのあたりがわからず残念ですが、これも仕方ない「コロナ禍」です。

願わくば来年の「日本頭痛学会総会」が平常に行われること、コロナ禍が収まっていることを切に那賀っております。


↑このページのトップヘ