カテゴリ: 子供の片頭痛

kodomo_zutuu_otokonoko
[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html 
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

我々、医療者が頭痛不登校になっている子供さんに行うことは、「子供がどのような生活を送っているかを把握すること」です。大切な事は、登校刺激などによって子供の不登校の状態が今より更に悪化することを極力避けることであり、そのためには保護者や学校の先生達の協力も必要です。

 保護者には子供を朝起こすこと、希望すれば学校までの送迎はしてもよいと話しています。しかし肝心の登校する・しないの判断は子供自身に任せていただくように話しております。また学校の先生達に対しても、登校は子供の意志を尊重して欲しいことを保護者から伝えてもらうようにしています。

 しかし、ここでよく親御さんに「先生が頭痛を治してくれたら、この子はすぐ学校に行けるようになります。早く頭痛をなおしてくれ~!」と言われる事があります。確かに額面通りに言えば、頭痛で学校に行けないわけですので、頭痛が治れば学校に行ける。「犯人は頭痛」と考える発想は理解できます。しかし、多くの「頭痛があるので学校に行けない子供さん」の頭痛は前回も書きましたが、薬の内服だけでは決して治りません。それは、その子供さんに頭痛が実際あるのは否定しませんが、それ以外の要因(本人も把握できないこともあり)が大きい場合が圧倒的に多いからです。

 不登校はある意味、「学校に対して何某かの不安を抱えている状態」「学校に行くエネルギーが不足している状態」と考えていいと思います。例えば、高所恐怖症や閉所恐怖症といった人を思い浮かべるとわかりやすいです。高所恐怖症の人に説得したり、説教しても効果は全くありません。寧ろ、嫌な感情や不安が増すばかりです。また、学校に行くエネルギーが不足している状況であれば、エネルギーをためる時間つまり一定の休息・栄養(心も含めた)が必要ということになります。 

 次に取り組むのは「早寝・早起き・朝ごはん」という取り組みです。不登校になると日常生活のリズムが崩れがちです。特に両親共働きなどで、日中は子供さんだけだったりすると生活のパターンが逆になりがちです。そうなると、症状を余計悪化させます。

 学校に行く・行かないは一旦棚に上げて、普段通りの生活を送ることを最も大切な事と考えております。また、多くの「頭痛があるので学校に行けない子供さん」は午前中に外に出かけることを嫌います。恐らく学校に行く時間だからという既成概念があるからと思います。

 時間帯は別として毎日必ず体を動かすことをすることも大事な事と考えています。不登校から更に閉じこもりになるのを防ぐために、体を動かす事・外に出かける事を毎日に行うように指導しています。

 多くの「頭痛があるので学校に行けない子供さん」の頭痛は長期化していくことが多いようです。具体的にこうすれば必ず改善するという方法がないからです。一例一例状況が異なり、別々の対処が必要ですが、根気よく見守って行くことが大事なことのようです。


池田脳神経外科 092-589-0150

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/

池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc

あやケアプランセンター https://www.ayamedicalcareplan.com/

頭痛日記  http://headacheikeda.livedoor.blog/

認知症日記 http://dementiaikeda.livedoor.blog/

You Tube https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload

不登校

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html 
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

文部科学省は令和5104日「令和4年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」結果を公表しました。調査結果によると、小・中学校における不登校児童生徒数は299,048であり、前年度から54,108人増加し、不登校児童生徒の割合は3.2(前年度2.6%)と報告しています。

 不登校児童もしくは生徒とは「何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、登校しないあるいはしたくともできない状況にあるために、年間30日以上欠席した者のうち病気や経済的な理由による者を除いたもの」と定義しています。

登校できなくなり始めの頃、体の症状を訴えることが多くあり、その中で最も多い症状が頭痛と言われます。小学校から時折みられる頭痛があり、中学校のある時期から連日性頭痛になったなど、発症は思春期に多い。たまの発作性頭痛は薬が効いていたが、連日性の頭痛には薬が全く効かず、週末・長期休みには頭痛が軽いと子供自身も認識していることが比較的多いように感じます。

 頭痛の診療ガイドライン2021の小児・思春期の項に、新しく「不登校・不規則登校を伴う頭痛はどのような頭痛か、どう対処すればよいか」が加わりました。学童・生徒の一次性頭痛には、頭痛の薬物治療に抵抗する難治な頭痛があり、頭痛が理由で不登校・不規則登校を来すことがある。多くは慢性連日性頭痛を呈し、主な頭痛は慢性緊張型頭痛であるとされています。


 子供の頭痛診療においては、①学校の出席状態を確認する必要がある ②学校でのいじめなど子どものおかれた環境に配慮する ③精神疾患の共存も考慮すべきであるとされています。不登校児に対しては、心身医学的対処と適応指導教室などの教育機関につながることを勧め、頭痛と付き合いながら生活の改善を促すことを推奨するように記載されています。乳幼児期から高校生まで、子供は成長・発達の途上であり、頭痛診療においても成人とは異なる対応が必須であるとされています。


 学校欠席に関連する頭痛は、学校のある平日朝の強い頭痛で、頭痛薬はまず効果がありません。片頭痛の場合は治療薬が有効であるので、頭痛が軽快すると遅刻してでも登校できる子供もいます。しかし、朝の連日性頭痛は鎮痛薬が効いたと本人が言っても、登校できないケースも多く遭遇します。外来では、保護者が登校させようとの思いから毎日薬を飲ませているケースも遭遇します。

 現状を把握するのにも時間がかかり、子供自身が自分から話をしてくれるケースはいいのですが、話をしてくれないことも多いため、治療は非常に難渋することが一般的です。

池田脳神経外科 092-589-0150

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/

池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc

あやケアプランセンター https://www.ayamedicalcareplan.com/

頭痛日記  http://headacheikeda.livedoor.blog/

認知症日記 http://dementiaikeda.livedoor.blog/

You Tube https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload

イメージ 1

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

週末、東京で会った「頭痛フォーラム2019」に参加してきました。

そこの会場で「頭痛の日」のポスターがupされましたので、先週のブログ内にupしました。

今回の頭痛フォーラムはガイドラインの変更点の説明や、古くて新しいテーマ「片頭痛とてんかん」の関連性・難治例に新規発症持続性連日性頭痛と内容豊富な研究会になりました。

今回の注目点は東京都済生会中央病院小児科の荒木先生の「小児・思春期の頭痛」でした。

やはり以前も書きましたが、いろんな病態が絡み合って、かつ「不登校」というものも隠れています。

最近の新聞でも全国に不登校児童の数が潜在性の児童も入れて約10%という数字が出てビックリしました。

なにがしかのメンタルな要因が多いのでしょうが、それを身体化といって体の症状に置き換えて訴える児童もいます。

その中で多いのが「頭痛」だと思われます。

また起立性調節障害(以下OD)もいます。

このような児童は大変難渋するケースが多く、数件の医療機関(小児科・内科・心療内科・脳神経外科)を経由するケースも大変多いのも特徴です。

いつの間にか治っていくというケースも多くあります。
患者さん・家族にも理由はわからない。我々医療側も全くわからない。
でも治っていくケースがたくさんあります。

時間を経て、直接本人に尋ねてもわからないと答えることが多いようです。

ですので基本は非薬物療法なんです。
児童にたくさんの内服薬を処方されるケースも見られますが、非薬物療法から始めて行ってそうなってしまうことも重々承知しております。

でも非薬物療法なんです。
前も書きました。「早寝・早起き・朝ごはん」です。

簡単な起立性調節障害は単に眠る時間が遅くなって起き上がれないのです。
ですから定時就寝・定時起床が原則です。

明日が学校であろうと休みであろうと定時就寝・定時起床です。

起きたら座らない。動く!
できれば家の周りを散歩していただくなら最高です。
動くと頭も体も目が覚めます。そうすると胃や腸も動き出し、ホルモン類も活発にでてきて、朝ごはんも食べられるようになるのです。

もちろんそうなるためにも定時就寝・定時起床です。
その前段階として、寝る2時間前からゲーム・パソコン・スマホの禁止です。
ブルーライトが前頭前野を刺激して眠りにつかせないようにするからです。

このような非薬物療法を行いながら患者である児童ならびに家族の指導をしていくことこそが近道だと考えます。


池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda

イメージ 1

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

11月15日・16日に行われた第46回日本頭痛学会に参加してきましたので、報告かたがたお伝え致します。

実は学会前日に風邪を引いたみたいで体調も思わしくなく、神戸のホテルで悪寒と戦っていました。
そんなこともあり、今年は1日のみの参加となりました。

まずは自分の発表ですが、朝の早い時間・少し離れた会場ということもあってかオーディエンスもまばら。座長の先生のテンポよい進行と質問でリズム良く、セッションの最後だった私の所まできました。
時間も十分でしたので、少しゆっくりと話し、無事に発表も終了です。

この1日で聞いたことは大きく2つです。
‐児の頭痛 
⊃靴靴ぜN屠々CGRP療法
についてです。

小児の頭痛。なかなか難儀な話です。

小児の特徴は常に成長・発達していることである。

すなわち、心身ともに未熟であるという認識を常に持って接する。

筑波学園小児科の藤田先生のお言葉ですが、小児科医以外の医者にとっては簡単なようでやはりなかなか難しいものです。
言葉で理解するのと実践するのとでは大違いなのです。

1)葛藤・ストレスが身体化症状として出現しやすい。
2)強い痛みの記憶が持続することがある。

金言です。この2つが子供さんの頭痛を診る上では大切なポイントになってきます。

小児科領域の痛みで最も多いのは「頭痛」です。

大人は男性が々?法´肩こり F痛 女性が仝こり 腰痛 F痛の順番です。

子供さんにも片頭痛があります。
突然始まって、突然終わるとも言われていますが、目の前が「キラキラ」といった大人で言う片頭痛の前兆は少なく、
“莽感 気分の変調 首コリ い△びといったことが前兆になります。

頭痛の持続時間はそれほど長くないのが一般的です。

治療法については、まずは薬物療法ではなく、非薬物療法を主体に考えることです。

ヽ亮造平臾押´▲屮襦璽薀ぅ箸寮限も現代の子供さんには必要だと思われます。

あとは「早寝・早起き・朝ゴハン」です。

この生活リズムの徹底は本当に大事な問題と考えます。
大人の片頭痛患者さんにとっても生活の一部を見直すだけで、著明に片頭痛の回数が減ることを経験します。

藤田先生の講演はいつも身にしみます。
あくまでも常識的で教科書的ではあるのですが、言葉の中に新たな発見があり勉強になります。

片頭痛・発達障害・不登校・家庭環境・・・
大人以上にclearにすべき問題が多いのが小児の頭痛です。


池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda

イメージ 1

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日はこのテーマでお届けします。

私の次女は「不登校」です。

現在、中学1年生ですが保育園の年長さんで4ヶ月ほど登園しない時期がありました。
そこからは、何がキッカケになったかわかりませんが強引に保育園に預けたら、最終的に普通に保育園に行きるようになり、卒園もできました。

小学校は、5年生までは一応登校できました。ただ5年生の最後あたりから怪しい行動はありました。
そして6年生になってから、なかなか難しい状況です。
中学になりゴールデンウイークまでは何とか登校できていたのですが、ここからまた急に登校しないようになり、現在はトータルで半分くらいしか登校していないような状況です。

ケンカにもなれば、大声もお互いにあげる関係にもなりました。
週末は、普通の次女に戻りますが、週が始まると日々戦いです。

自分たち夫婦に何か足りない、何かおかしいと思う事もあります。
また、人間としての修練が足りない。成長できるチャンスをいただいたとわざとpositiveにとらえたり、前を向く努力をしたり・・・。

不登校の本を読んだり、不登校新聞を読んだりと・・・。
それでもうまくいかず、雨はいつかやむ。夜は終わり朝を迎えられると思って日々過ごしています。

前置きがながくなりました。
このような現実があり、一番の救いは保健室の先生が大変好意的に対応してくれていることです。
我々親子(主は娘と妻)だけでは煮詰まってしまって議論が前に進みません。

ところが第三者である養護教諭の先生がいらっしゃることで、周りも見え、お互いの折衷案を提示し少し前を向けるという状況を作っていただいて大変感謝しています。

私自身は直接対応していませんが、養護教諭の先生の話を聞くと、「頭痛」x「不登校」が結構いるという話しを聞かせていただいた。
養護教諭も「不登校」「片頭痛」「起立性調節障害」などの知識を十分理解しないといけない現実がああり、どこから学べばいいのかという話になり、そんな中で「小児の片頭痛」の第一人者である藤田光江先生の本について紹介します。

ますは下記のHPからでもとべます。
https://www.zutsuu-kyoukai.jp/%E9%A4%8A%E8%AD%B7%E6%95%99%E8%AB%AD%E3%81%A8%E6%95%99%E5%B8%AB%E5%90%91%E3%81%91%E8%B3%87%E6%96%99/

または日本頭痛協会のHPからも飛べるようになっています。
「知っておきたい学童・生徒の頭痛の知識」という小冊子です。入門編と言うにはピッタリなものになります。

藤田光江先生はそれ以外にもいくつかの本もだしていらっしゃいます。

topにだしている本は「子どもの頭痛 頭が痛いって本当だよ」という単行本です。5年前に出された本で、今は新品の販売はないようで、AMAZONで中古品の販売があるだけですが大変参考になるものです。

それ以外にも今年4月煮出された「小児・思春期の頭痛のみかた これならできる!頭痛専門小児科医のアプローチ」という本があります。内容は少し専門的ではありますが藤田先生らしい本になっています。3240円と決して安い本ではないですし、一般の書店で手に取れる本ではないので、立ち読みという訳にもいかないのですが、興味のある方にはと思っております。

最後に個人的には夏休みまで3週間です。娘が少しいい方向に進んで欲しいと願うばかりの日々です。

養護教諭の先生には大変感謝しておりますし、これからも何卒宜しくお願いしますという気持ちでいっぱいです。

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda

↑このページのトップヘ