カテゴリ: 市販薬

イメージ 1

イメージ 2


<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;;>人気ブログランキングへ</a>

ランキングに参加しています。クリックをお願いします

今日は私らしくないテーマです。
サプリメントの範疇にはいる物です。

写真に見られますような、かわいらしいキク科の花です。日本では「夏白菊」と一般的に呼ばれ、ハーブとしては大変メジャーなもので、古代ギリシャ時代から使われていたようです。

フィーバーフューの語源はラテン語で「解熱作用のある物質」という意味だということです。
熱っぽい時に使われることもありますが、現在では主に鎮痛作用で使われています。
片頭痛や生理痛の痛みを緩和することができるため、「奇跡のアスピリン」とも呼ばれていたようです。

使用方法としては、乾燥させてハーブティーにするのがおすすめです。

日本頭痛学会では、フィーバーフューについての無作為化比較試験が3報あり有効性が認めせれています。
副作用はほとんどありません。ただし子宮収縮作用があるようなので妊婦は避けていただいたほうがいいようです。

私は個人的に使用経験もないですし、ハーブティーとして飲んだこともありません。
比較的に値段も安価ですし、日常に飲むお茶として使うのであれば、片頭痛にも一定の効果が認められているので一石二鳥だと思います。

私の患者さんでも使っていらっしゃる人はいて、おこりそうな予感くらいで使うと、うまくいけば片頭痛がおこらないでやり過ごせることもあるので、重宝しているという声もあります。

私自身はサプリメント系については決してお勧めしているわけではありませんが、フィーバーヒューについては一定の効果もみられていますので、お試ししていただいてもいいのかなと思っています。

イメージ 1


ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

今日はタイトルどおりの話です。
このブログの中で、なんとなく片頭痛がおこりそうな時に何をしたら、そのまま片頭痛にならずにレスキューすることができますか?とお尋ねしました。

いくつもの答えがありました。
一番多いのは痛いときに冷えピタを張るだっと思います。

今回の話は逆です。
目の周囲を温めるです。
皆さんもTVCMなどでお目にかかったことがあるかと思います。
花王の「めぐりズム」です。
なんとなく様子がおかしい。頭痛きそうだという時にこの「めぐりズム」を使うという患者さんがいらっしゃいました。

確かにPC前で入力作業の多い患者さんで、眼精疲労も感じられると思うのですが、それを解消するだけでなく、片頭痛にもなりにくいという話をききました。

医学的な理屈で言えば、緊張感や眼精疲労がとれて自律神経系のバランスを整えることで片頭痛をおこしにくくするのかもしれません。

このようなものは花王製品意外にも同様多種の製品がございます。
無香料・ゆず・カモミール・ラベンダーなどとフレーバーも種類が多くあります。

片頭痛患者さんは匂い過敏があるので、おこりそうなときは無香料タイプがいいかもしれませんが、そうでない時に使用するならお気に入りのフレーバーがあれば、そちらのほうも効果的なのかもしれません。

AMAZONでも使った感想の記載もありますし、科買うもそれほど高いわけでもありませんし、片頭痛予防という意味でなく使っていただいてもいい商品ですので、一度お試しください。

なんか花王の回し者みたいになっていますが、自宅で簡単に安くでできるのであればいい方法かと考えます。

使った人・使ってみた人 またご意見いただければ幸いです。宜しくお願いいたします。


ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日は市販薬のお話です。
最近は風邪・インフルエンザの季節でもありますが、市販薬の頭痛薬も市場が活気を帯びています。

以前はそれほど新しい薬が出ることは、あまりなかったのですが最近は多いですね。
正直記憶できません。

価格.com調べでの市販薬売り上げランキングによりますと
①ロキソニンS
②イブA
③イブクイック頭痛薬
④イブAEx.
⑤バファリンA
ということです。やはり現在は確実にロキソニン時代なんです。

最近の頭痛薬は女性タレントさんが必ず出演しています。
主な出演者を挙げますと

セデス・・・山本美月
バファリンルナ・・・高畑充希
バファリンプレミアム・・・松下奈緒
ノーシンアイ・・・吹石一恵
ノーシンピュア・・・トリンドル玲奈
ナロンエース・・・榮倉奈々
ナロンエースR・・・堤真一
イブA・・・ローラ
イブAEx.・・・竹内結子
イブクイック頭痛薬・・・篠原涼子
ロキソニンSプレミアム・・・真木よう子

既に契約期間が終わって、現在はイメージキャラクターをやめられたタレントさんもいらっしゃるかとも思いますが、インターネットで調べると主な売れ筋の市販薬だけでもこれだけのタレントさんが出演しています。

堤真一さんを覗けば全員が20-30歳代の女性です。
頭痛薬=女性が買う物だという認識が高いと言うことなのかもしれません。比較的現在流行のタレントさんたちが出演されています。タレントさんが出ることで商品の認知度があがり、ドラッグストアでも選ばれる傾向にあるからだと思います。

ただし選ぶ際には、名前やタレントさんに左右されずに選んで欲しいのですが、ドラッグストアで尋ねてもなかなか選ぶポイントがわかりにくいのが現状です。基本的にはたくさんお鎮痛成分が入っていないものを選ぶのがいいのではないかと考えています。

イメージ 1


<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>

ランキングに参加しています。 クリックをお願いします。

本日は市販薬の話です。
ここ数日前からTVで「アルピタン」という小林製薬からの薬のCMが何度か見る機会がありました。

アルコールからくる頭痛を治すといううたい文句ですので名前は「アルピタン」。
本当にピタッと治るような印象を持たせるネーミングです。
以前も紹介しました「コリホグス」でしたり、この「アルピタン」は名前がそのまま効能・効果になる小林製薬ならではのネーミングです。

どういう配合になっているのかを小林製薬のホームページから確認しましたとこと、一般的に処方される漢方の五苓散と全く同じくすりであることがわかりました。

五苓散は医療機関でも処方可能ですし、一般のドラッグストアでも数社から「五苓散」の名称で販売されていますので、特別に新しい薬ではありません。名前が新しい薬です。名前からはまさか漢方薬と思わないネーミングですので、知らずに購入されてビックリされるかもしれません。

五苓散の効果は「水毒」を解消するということです。
「水毒」とは体の中に水分が滞った状態であるという意味です。
水分は体内の老廃物を回収して・排泄するという働きがあって、それが滞ることで老廃物がたまって体に悪影響を及ぼします。
飲酒後の二日酔いはまさにこの「水毒」という状態になります。

それを改善させるのがこの五苓散という薬です。
小林製薬は五苓散というネーミングで売っても注目を浴びることがないので、新たに「アルピタン」と漢方らしくない名前にして販売しているのだと思います。

購入する一般の人がそれを知らずに購入されることになりますので、どうなのかな?という疑問は残ります。
同じ薬が、あるメーカーでは「五苓散」であるメーカーでは「アルピタン」なのですから・・・
市販薬はそこらあたりのルールがどのように決まっているのかわかりません。
ただ鎮痛剤も同じ成分で会社が違えば違う名前で販売されているので、これはこれで仕方ないのかなあと思います。

お間違いないように!

イメージ 1

イメージ 2


<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;>人気ブログランキングへ</a>

ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

カロナールとブルフェン
今日はこのタイトルの話です。
両方ともにメジャー中のメジャーな鎮痛薬です。

カロナールは熱が出たときにも処方されますし、鎮痛効果を期待してでも使います。

ブルフェンは一般名イブプロフェンと言いまして、単独で使うことより市販の鎮痛剤の中心的な薬剤でCMなどでも安心のイブプロフェン処方とか放送されますので、ブルフェンはわからない人もイブプロフェンと言えば「あ~」と思われるかもしれません。

それくらい両方おなじみの薬です。

いずれもが安全性が確認されている薬でもあり、単独の使用であれば妊娠・授乳期間中の女性でも使用が容認されています。
よく授乳していると鎮痛剤が飲めないという患者さんがいらっしゃいますが、国立成育医療医療センターのHPなどでも授乳と薬の問題でも安全に使用される薬として、両剤ともに掲載されています。

この2剤は安全性・有効性からも似たような薬であることは間違いありません。
もう少し特徴を言いますと

解熱効果で言えば、恐らくカロナール>ブルフェンです。

鎮痛効果で言えば、恐らくブルフェン>カロナールです。

小児の片頭痛であれば一般的にトリプタンよりは鎮痛剤をしようするのが一般的ですが、カロナールで効果が十分でない場合にはブルフェンに変更して効果が得られることもよく経験することです。
ただし、インフルエンザなどで発熱して頭痛もあるというのであればカロナールを使用する方がbetterではないかと考えます。

是非参考にしてください。

↑このページのトップヘ