カテゴリ: 片頭痛

20200618143248-0 (1)

本日は片頭痛の最新研究からです。
以前から片頭痛患者も心血管疾患発生頻度(特に脳梗塞)が高いという報告が多い。

実際問題として、当院でも椎骨動脈解離の登録を行っているが、片頭痛の既往歴のある人に多い傾向だと考える。

そんな中で、長期間の前向き研究ですから意味のある論文だと言えます。

雑誌:JAMA. 2020 06 09;323(22);2281-2289.

著者:Tobias Kurth (ドイツ・シャリテー-ベルリン医科大学)

要約:45歳以上の女性医療従事者を対象としたコホート研究において、前兆のある片頭痛を有する女性は、前兆のない片頭痛を有する女性または片頭痛なしの女性と比較して、心血管疾患(CVD)発生率が高いことが示された。

目的:前兆のある片頭痛がCVDリスクを増加させることは知られている。しかし、ほかのCVDリスク因子と比較した場合、前兆を伴う片頭痛のCVD発生への絶対的寄与率は不明であった。
 
対象:アメリカのWomen's Health Study(WHS)の追跡調査結果を解析・報告した。研究グループは、WHSに参加した45歳以上の女性医療従事者のうち、ベースライン(1992~95年)の脂質測定データがあり、かつCVDの既往がない女性について、2018年12月31日まで追跡調査した。ベースラインでの片頭痛の有無(前兆あり/前兆なし)は自己報告とした。

評価項目:主要CVD(初発心筋梗塞、脳卒中、CVD死)で、一般化モデリング法を用いコホートの全女性を対象に、リスク因子ごとに多変量調整主要CVDイベント発生率を算出した。

結果:①解析対象は、2万7,858例(平均年齢:54.7±7.1歳)であった。このうち1,435例(5.2%)が前兆のある片頭痛を有し、2万6,423例(94.8%)が前兆のない片頭痛あり/片頭痛なしであった。
②平均追跡期間は、22.6年(62万9,353人年)で、主要CVDイベントは1,666件発生した。1,000人年当たりの調整主要CVD発生率は、前兆のある片頭痛を有する女性で3.36、前兆のない片頭痛あり/片頭痛なしの女性では2.11であった。

 前兆のある片頭痛を有する女性における調整主要CVD発生率は、肥満(2.29)、トリグリセライド高値(2.67)、HDLコレステロール低値(2.63)の女性に比べて有意に高かったが、収縮期血圧値上昇(3.78)、総コレステロール高値(2.85)、心筋梗塞の家族歴あり(2.71)の女性との比較では有意差は確認されなかった。一方で、糖尿病(5.76)または現喫煙者(4.29)の女性における発生率は、前兆のある片頭痛を有する女性より有意に高値であった。
前兆のある片頭痛を有する女性での発生率の増加は、肥満の要素が加わった場合の1.01/1,000人年から、糖尿病が加わった場合の2.57/1,000人年の範囲にわたった。

考察:著者は、研究の限界として片頭痛と血管リスク因子について自己報告であること、女性医療従事者のみを対象としたことなどを挙げたうえで、「本解析結果の臨床的意義と一般化の可能性については、さらなる調査が必要である」とまとめている。

今後ね更なる研究が待たれます。


九州では豪雨被害がとまりません。

7月4日(土)は球磨川の氾濫で人吉地方に大きな被害が。

7月6日(月)は筑後川の氾濫で筑後地方~日田にかけてまたまた大きな被害がでています。

毎年のようにおこる「50年に一度の大雨」「命を守る行動」
特に筑後川流域は毎年線状降水帯ができやすく、大雨特別警報がだされます。
治水も進んでいて、被害がでないような取り組みは行われていますが、十分対応できていない。

こうなると頭痛もおこるのです。
いわゆる「爆弾低気圧」にちかい状況で、九州を南北に移動するだけで停滞しているので、トリプタンを飲んでも時間が経過すれえば、また痛くなるを繰り返します。

毎日、片頭痛の患者さんを拝見していますと、おこる日がよくわかる。
同じ日から頭痛が続いているのです。

今週の日曜日まで梅雨前線が居座ります。
当然、片頭痛が続くことが予想されますし、かつ月経と重なれば最悪の展開も予想されます。

天気を変えることはできません。
おこしやすくなる因子を減らして、おこったら早めの内服。
続いても自暴自棄にならず、根気よく続ける。

やまない雨はなく、明けない夜もありません。
心が折れそうになる気持ちを何とか収めて、前をむいていきましょう~!

球磨川筑後川

IMG_4124

今日は現在開発中の片頭痛治療薬についてまとめてみました。
実は、このスライドも3月15日の市民公開講座で作成したスライドになります。

現在大きくわけて2つの治療薬が開発中もしくは、認可を待っている状況です。

1)CGRP受容体拮抗薬
これは一般的にはgepant製剤と呼ばれるものです。
通常は、現在のトリプタンと同じように痛いときに使う薬で、副作用が少なく効果がいいものとされています。海外では概ね治験が終わりました。
日本では、今年gepant製剤の治験が始まることになっております。

2)抗CGRP抗体
これは昨年、海外では発売されたものです。
一般的には月に1回、診療所にて皮下注射することで片頭痛の程度・頻度が減る薬剤で、予防療法の薬です。抗体製剤で薬価が高く、3割負担で7000-9000円くらいが想定されています。日本での認可は恐らく来年ではないかと思われています。
各社日本での治験はほぼ終了し、効果も期待通りで、副作用が少なかったことが既に報告されています。早く使える日がくることを心待ちにしています。

このように来年以降、日本の片頭痛治療も大きく変わることが予想されています。

皆さん楽しみにしていて下さい。

IMG_4103

世の中、コロナウイルス感染症一色で仕方ないな~と思います。当院もなぜか2月中旬あたらいから患者さんが少なくなり、3月になって、より顕著にその傾向が続いています。

さて、そんな中で3月15日(日)福岡市天神の大丸エルガーラホールで「頭痛」市民公開講座を予定していましたが、中止となりました。

私以外に2人の先生がお話になる予定で、600人ほどのお客さんが来られる予定だったのですが、中止となりました。大変残念です。

折角ですので、披露できなかったので、ここで披露させていただきます。
片頭痛はなかなかきちんと診断されない頭痛の代表的な疾患です。
以下の項目5項目以上有れば、片頭痛の可能性が高く、項目が多ければ多いほど確率が上がると思います。

① 40歳より以前から慢性的に頭痛がある

② 家族に同じような頭痛の人がいる

③ 早めに鎮痛剤を内服しないと効かないことがある

④ 頭痛がおこる前に、前兆を感じる

⑤ 妊娠中は頭痛は比較的楽だった

⑥ 頭が痛い時に光・音・匂いなどに敏感になる

⑦ 頭が痛い時に肩甲骨~首筋~肩が張っている

⑧ 頭痛の時には、動くと悪化するので横になりたい

⑨ 天気が悪くなる前・月経前・排卵日などに頭痛が多い

⑩ アレルギー性疾患(鼻炎・副鼻腔炎・ぜんそく・花粉症)がある 


さて、皆さんいかがでしょうか?いくつあてはまりますか?
女性を意識して作っていますので、男性なら10項目中8項目しか使うことができませんが、半分以上あてはまれば片頭痛の可能性が高いと思われます。

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日は女性の閉経前後の頭痛です。

通常、閉経前後から頭痛の程度・頻度が楽になるとも言われていますが、個人個人でみると必ずしもそうではないようです。

現在、女性の平均的な閉経は50歳頃とされています。

もちろん突然閉経とはなりません。間隔が間延びしたり、急にこなくなったりして再開したり、量的に少なかったり、日数が短くなったりしながら、やがて閉経していくわけです。

 月経を中心に片頭痛がおこる人にとっては、月経がこなくなると、その際の片頭痛もなくなるのでは?!と思われる人もいらっしゃると思います。

 外来で患者さんをみていると、このようなケースでは2つタイプがあります。
月経がこないと
,泙辰燭、月経の時期に頭痛がおこらない人
月経がおこるはずの時期に程度は軽いものの頭痛がおこる人

上記/佑牢袷瓦吠跳个垢襪函△そらくぐっと片頭痛の回数が減る人だと思われます。ちなみに家の家内は、閉経と同時に片頭痛もぐっと収まっていますし、めまいも収まり、鼻アレルギーもぐっと収まってきています。

上記△凌佑牢袷瓦吠跳个靴討癲∧卞痛が軽減化するものの残存することが多いようです。やはり程度は軽いけれど女性ホルモンの動きがあるので誘因になっているのではないかと考えています。

「片頭痛は女性ホルモンとともに始まり、女性ホルモンとともに終わる」などと言われる人もいますが、いつの間にか閉経するのが50歳をすぎ、更にこれからもっと遅くなろうかとしているなか、,砲覆襪△砲覆襪は大きな問題です。

私自身に答えはありません。
日々考えて行きたいと思っています。

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda

↑このページのトップヘ