カテゴリ: その他

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

前回の片頭痛に対する脳外科の先生のネット記事にご意見をたくさん賜りまして、誠にありがとうございました。
皆さん同じような気持ちを持たれていて、私自身も大変勉強になりました。
また、患者さんの気持ちに沿えるように努力しないといけないことを痛感した次第です。

今回は頭痛とは全く関係ない話しで恐縮です。
またネット記事を見たので感想かたがた書いていきます。

https://news.yahoo.co.jp/byline/nakayamayujiro/20181028-00102034/

この記事です。なぜタダで働くのか?「無給医」たちの現実 ~医師の視点~

この記事を読みながら私も大学院生の頃、無給医時代が2年間ありました。25年近く前の話です。

まず国家試験を合格して大学病院で研修医になるのですが、その頃は大学病院からもらう給料は月に47000円でした。
半年間は外の病院にアルバイトに行けないので10万円の仕送りをしてもらっていました。
半年たつとアルバイトに行けるようになり、月1回土日の当直のアルバイトと月1回献血のアルバイトに行く事になり、なんとか1ヶ月20万円弱の収入を得ることができるようになります。

1ヶ月の半分近くは当直か病院に泊まる生活でした。
士農工商研修医と言われたものでした。周りもそのような生活でしたので苦にもならなかったような感じです。
研修医2年目の年収は280万円でした。確定申告したときに税理士さんに、「これだけしかもらっていないの?」と言われたのを覚えています。なので税金が10万円くらい戻ってきました。

2年間の研修医を終えて大学院生活が始まりました。
学費が1年に70万円x4年間で280万円です。
毎年なけなしの貯金から70万円ずつ入金したものです。

大学院へ入学したことになりましたが研究生活は始まりません。
普通に病院で働きます。大学では給料がでませんので、人並みに生活できるように外の病院で10ヶ月ほど働きました。そこで貯金して大学病院に戻ってきました。

保険証なし。給料なし。大学病院で働く医者が無保険者ですから今考えるとブラックもブラックです。
給料がないので、予定がないのであれば大学病院で当直します。どうせ病院にいるわけですから・・・
当直すると6000円いただけますので、毎月15日くらい大学病院で当直していました。それで収入9万円です。

それと月に1回、土日に外の病院で当直して研修医の頃のように20万円弱の収入を得て大学院時代を過ごしていました。
1ヶ月に大学病院で働かない日は当直に行く月1日の日曜日だけでした。
当直が15日ですから・・。笑うしかない。一番多くした月は21日当直しました。

時間外手当なんて当時ありません。
なぜなら大学病院の職員ではないからです。
無保険者ですから、大学病院と就労の契約はありません。
言えば勝手に患者さんをみて、手術して、当直してということですので、給料がないから時間外も発生しません。

これで過労死なら、大問題という雇用状況でした。あ~雇用されてなかった。笑
勝手にやっていることなんです。笑笑
でも不思議に思った事なんて一度も無かった。

みんなそんな生活だったから、、。
お金と時間が全くなかった。ずっと病院にいて働いていました。
看護婦さんがかわいそうに思ったらしく夜勤の時に弁当を作ってくれたこともありました。笑
(恋愛感情はお互い無かったから・・・笑)

だけど医者という仕事をして行くには必要な経験だと思っています。
この経験が今の礎になっているのも間違いない。

今の子は自らの権利主張が強いのもいいこともあれば、悪いこともある。
どうなるか?これからの若いお医者さんたち。
いい方向に行くのを願っています。

医師の働き方改革? そんなの無理! 絶対無理!!  笑笑
給料なし・休みなしで働かないと行けないからです。

今はこのような無給医は少なくなったと思われますが、存在するはずです。
一般の人にとってはとても考えられないシステムではないでしょうか?!
ここの世界では当たり前です。これが当たり前の世界では働き方改革なんて絶対できません。
必要悪なんだと思われます。女子入学者差別と同じような感覚がまだまだ普通にあるからだと思われます。

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda

イメージ 1

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日は頭痛と全く関係のない話しです。

そうです。10月1日本庶 佑先生がノーベル賞医学生理学賞を受賞されました。
大変おめでとうございます。

何賞であれば、ノーベル賞を日本人がもらうことは同じ日本人として大変嬉しく・光栄に思っております。
昨年文学賞を受賞された日本人で英国人作家カズオ・イシグロ氏までいれると27人目の受賞者です。

日本は物理学賞・医学生理学賞・化学賞といった、いわゆる理系分野の受賞が続いています。

今回の受賞は、体内では通常、免疫が働いてがん細胞を異物とみなして排除する。しかし、免疫細胞には自身の働きを抑えるブレーキ役の分子があるため、がん細胞はこれを使って攻撃を避け、がんは進行してしまう。
本庶先生は、それぞれブレーキ役の分子の役割を発見し、この働きを抑えてがんへの攻撃を続けさせる新しい治療を提案したということが受賞理由です。

この考え方から昨今話題になった「オブジーボ」という免疫治療薬を開発され、がん患者さんに福音をもたらしています。

何かと高額であることだけが注目されている「オブジーボ」ですが、大変画期的な薬であることは間違いなく、ノーベル賞受賞したことがそれを証明したことにもなりました。

同じ系統のお薬で「キイートルーダ」という薬も同じ系統の薬剤で、たくさんの癌患者さんの治療に使われています。

このような研究開発は同じ日本人としてhappyですし、使うことはないですが興味深い薬剤として考えていただけに嬉しいです。

最後に今からの子供達にと言う言葉が感銘です。
50過ぎたおじさんにも感動的です。
このような言葉です。

大事なのは「知りたい」と思うこと、「不思議だな」と思う心を大切にすること、教科書に書いてあることを信じないこと、常に疑いを持って「本当はどうなっているのだろう」と。

自分の目で、ものを見る。そして納得する。そこまで諦めない。

非常に大事な言葉だと思います。50過ぎたオジサンも肝に銘じて日々診療にあたりたいと思います。



池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda

イメージ 1

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日は頭痛とは全く関係ない話題です。わざわざ訪問していただいたのに申し訳ありません。
でも、この話題です。

今年3月2日に東京で5歳の船戸結愛ちゃんが虐待されて死亡された話しが6月7日の新聞に載せられていました。
ごらんになられた人も多いと思われます。
大変心の痛くなる話しです。涙なしではよめません。

1日1食しか食べさせてもらえず、冷たい2月にベランダに放り出され、足の裏には重度のしもやけができ、平均20kgはある体重が12kgまで減り、義理の父親に暴行されて暴行されて死亡させられた。

5歳の子供が、毎朝目覚ましを4時にsetして、自分で起きて体重測定して、机でひらがなの書き取り練習をする。

そしてノートには、虐待されてはいるが大好きなパパ・ママへの謝罪の文章を書き連ねる。

何度も何度も文章を読みました。

心痛くなる話しです。

全くの他人の私が、この文書を読んで「好きな食べ物をおなかいっぱい食べさせてあげたかった。他人ですが精一杯抱きしめてあげたかった。ゆっくりとお風呂に入り、暖かいお布団の中で気持ちよく眠らせてあげたかった。」と思います。

この両親はいかなう理由があろうとも当然厳罰に処すべきです。

なくならない このような事件。
関係していた児童相談所は忸怩たる思いだとは思いますが、少し権限を強くして、強制力のある介入ができるようにしてあげてはと思います。

このような事件がなくなるように、今回の結愛ちゃんの死を無駄にしないように。政府には是非検討していただきたいと願うばかりです。

本日は、このようなテーマで頭痛の話しを楽しみに訪問された皆様には申し訳ありませんでしたが、自分の気持ちを書かずにはいられれませんでした。


池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda

イメージ 1

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日はタイトルのような話しです。

今年は今回を入れますと合計52回ブログをupしたことになります。

いつも見ていただいている方は毎週木曜日に更新していることをご存じかと思います。

調べてみますと、この1年間52回木曜日がきています。
その中で50回木曜日にブログを更新しています。
残り2回は翌日の金曜日に更新しているようです。

諸事情でどうしても木曜日に更新できない時に金曜日に更新した記憶があります。

そして、このブログの開設日が2007年12月27日ですので、ちょうど丸10年経過したことにもなります。

以前は不定期に更新していました。2日続けてもありましたが、2週間くらい放置していたこともありました。

いつの間にか木曜日に更新することが慣例化して今にいたっています。

通算565ネタで21万人以上の人に閲覧していただいております。

中には似たような内容のupもあり(後で気がつくのですが・・・・)。
あまり参考にならない話しもあったかと思いますが、なんとか10年やり続けてこれたことを皆様に感謝申し上げたいと存じます。

個人的には、今年日本頭痛学会の代議員といって、学会の一番下っ端の役員になることになりました。

益々、頭痛診療に力を入れていかないといけません。もちろん頑張る所存です。

片頭痛につきましては、現在日本で3社の治験が続行中です。
いい効果がでているようですので、このお薬が厚労省に認可されれば、片頭痛診療も随分変わることが予想されます。

来年も何卒、この「頭痛日記」を宜しくお願いいたします。


ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

いよいよ2016年も押し迫りました。
当院の診療も本日で終了です。
本日は木曜日なので午前中いっぱいで終了しました。

木曜日ですのでブログの日です。
今年49回目のブログ更新です。
1年でGWと夏休み期間だけブログ更新をしていません。
それと49回中48回が木曜日で、1回だけ金曜日に更新したことがありました。

以前はブログ更新はランダムにしていました。
そうなると続けたり・休んだりでしたので原則木曜日に更新することとしています。
毎週火曜日くらいからソワソワして何書くかな?と思案したりするときもあれば、外来でふと感じて、テーマをきめることもあります。

研究会や学会などがあればネタは簡単ですが、そんなに学会や研究会もありません。

本日、ブログを見ますと513ネタありました。
中小の出版社から読者が多いようなので本にしませんかとのお誘いもあったりしましたが、この形態で来年も継続していきます。

頭痛は大変難しく、奥が深いものです。
本日の外来でもハッとするようなケースにぶちあたり、以前は気がつかなかったものが、ハラハラと崩れ落ちて巡り会うこともあります。ひとつひとつが勉強になります。

いろんな意味で患者さんの発する言葉で、気がつかされることも多いし、頭の中で急に整理整頓されることもよく経験しています。

また来年も何卒宜しくお願いいたします。

↑このページのトップヘ