カテゴリ: 薬物乱用頭痛

https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif
[https://sick.blogmura.com/headache/ ]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

 正確なデータはありませんが、ドラッグストアの増加とともに薬物乱用頭痛が増えていると感じる今日この頃です。

 あるドラッグストアの統計では、鎮痛剤のまとめ買いをされるお客さんは薬物乱用頭痛の可能性が極めて高いというデータを以前発表されました。まとめ買いとは、何個買えばまとめ買いになるかと言えば、それぞれの感覚もあると思いますが、ここでは5箱以上ということになります。

 これも少しいろいろありまして、例えばイブAは24・36・48・60個いりの4種類がありますが、24個を5箱でも120個。つまり60回分となりますし、60個入りが5箱なら300個で150回分と気が遠くなる数字になります。24個いりにしても60回分ですから普通ではありません。やはり薬物乱用頭痛の匂いがプンプンします。

 また朝頭痛で目が覚めたり、目が覚めたりすると既に頭痛があると言われると極めて薬物乱用頭痛の可能性が高くなります。寝る前に必ず鎮痛剤を内服して眠って、朝起きる前に頭痛で目が覚めるのでまた鎮痛剤を内服するという人もいらっしゃいましたが、やはりそれは薬物乱用頭痛なのです。

 過去には最高1日7回セデスVを内服するといったつわものもいましたが、最近の薬物乱用頭痛患者さんの特徴として、ギリギリ薬物乱用の診断基準にのるようなレベルか、はたまた大きく大きく超えている患者さんの両極端になりつつあります。

 頭痛で毎日鎮痛剤を内服するのはおかしいのです。そうならない前に目を覚まして欲しいですし、早めに受診して欲しいと願うばかりです。

 鎮痛剤のパッケージに1ヶ月に10回以上鎮痛剤を内服する人は鎮痛剤の飲みすぎの可能性がありますとタバコのパッケージのように書いていただくわけにはいかないのでしょうか?

 そう考えずにはおれません。

 [[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]
 ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

 今日は研究会で東京に来ています。九州は土砂降りでしたが、東京は梅雨明けでいい天気です。

 さて今日は頭痛というか鎮痛剤の飲み過ぎという話です。

 アメリカ疾病対策センター(CDC)が2日公表した報告によると、医者が処方した鎮痛剤の過剰投与による死亡が米女性の間で急増しており、2010年の死者数は計約1万5300人と、1999年の5倍になっていることが明らかになった。

 特に、45〜54歳と55〜64歳の女性の死者は約7400人と、全体のほぼ半数近くを占めており、中年女性の鎮痛剤過剰投与の死亡が著しく増加しているという。

 一方、男性の死者数は約2万3000人で、依然女性を上回っている。ただ、女性の場合、慢性の痛みに悩まされる傾向にあり、男性よりも長期にわたり鎮痛剤を服用することになるという。

 というアメリカからの報告でした。
 アメリカは基本的に日本と医療・薬についての考え方が異なります。
 鎮痛剤は日本と同じように簡単にドラッグストアで簡単に購入できます。がここでいう鎮痛剤は我々の言う物とは異なり、麻薬成分が含んだ物になります。

 アメリカでは麻薬成分の混じった鎮痛剤が問題になっていますが、通常の鎮痛剤の飲み過ぎも当然問題になっていますが、それ以上の鎮痛剤が問題になっているわけですから無視されています。

 アメリカは大麻・マリファナなどの薬剤も問題になっていますからスケールが全然異なりますが、日本でも合法ドラッグなどの問題が徐々にでてきていますので、このままいきますと似たような環境になりかねない危険性をはらんでいるともいえます。

 いずれにしても鎮痛剤の飲み過ぎはいけませんし、女性の方が危険性が高いのはどこの国も同じようです。

https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)
ランキングに参加しています。クリックお願いします。

 手を変え品を変え、薬物乱用頭痛の話です。
以前も書きましたが、詰まる所困るのは小児の片頭痛(起立性調節障害絡み)と薬物乱用頭痛です。

 その中で今日はトリプタンの薬物乱用頭痛です。
 頻度はそれほど多くありませんが、やはりいるんです。
 
 市販薬の薬物乱用頭痛は値段的にもそれほどではありませんが、トリプタンは値段的にも張りますので経済的にも少ないものです。

 市販薬は鎮痛剤+安定剤+カフェインの組み合わせで、結構難渋することも多くあります。
 ところがトリプタンの薬物乱用頭痛は薬の半減期が短いために1週間何とか薬を我慢していただければ改善します。

 市販薬よりも比較的に簡単に離脱できるのが特徴です。
 当院でも1ヶ月に20回以上、イミグランを内服していた患者さんがいらっしゃいましたが、そのことを話して比較的簡単に離脱することができました。

 これは気づきでなにとかなることが多く、市販薬との大きな違いになります。

https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif
[https://sick.blogmura.com/headache/ にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

 本日は東京に認知症の研究会できています。午後からの診察はお休みです。
 宿泊は泊まりなれております「新高輪グランドプリンス」です。
 研究会後に、頑張って打ち込んでおります。

 さて正月あけから薬物乱用頭痛の患者さんが多いことを書きました。
 確かに多いんです。なぜかな?! 原因は実際よくわかりません。

 薬物乱用頭痛の患者さんの1回目の受診された場合には、患者さん用のパンフをお渡しして、それを中心に話しております。

 2回目の場合にも決まったことがいくつかあります。
 ①まずは2回目にきていただいたことに感謝します。
 ②頭痛diaryを確認します。書いていただいたことを感謝します。
 ③鎮痛剤をどれだけ内服しているかをcheckします。
 ④毒だし(=鎮痛剤をどれだけ中止したか)がうまくいったかどうかを確認する。

 この①~④を必ず確認します。

 以前も書きましたが、薬物乱用頭痛の治療がうまくいくかどうかのポイントがいくつかあります。
 ①自分が薬物乱用と気づいていない人は気づいていただくだけで、うまくいくことが多いです。
 ②逆に自分が薬物乱用頭痛と気がついている人は、かなり覚悟が必要です。
 ③決められた時期に再診していただける人はうまくいきます。
 ④頭痛diaryを丁寧に書く人はうまくいきます。
 ⑤2回目の受診時に鎮痛剤の内服回数が少ない場合にはうまくいきます。

 ということで1回目から2回目までが順調にいくことは薬物乱用頭痛の経過としては大変重要な期間になるのです。

 そのためにもきちんと再審していただくことが大事ですので、1回目受診された際に必ず受診していただくようにお願いしますし、2回目にきていただいた場合には感謝するようにしております。

https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)
 ランキングに参加しています。クリックをお願いいたします。

 私の持論なのですが、どうも連休明けには薬物乱用頭痛の新患が増えるという印象があります。

 薬物乱用頭痛については、このブログでも何度も書いていますので特別なことではありません。

 受診される患者さんのパターンは
 ①もともと片頭痛もち(多くは自分が片頭痛という診断名に気付いていない)
 ②あまり片頭痛に対しての知識は多くない。
 ③鎮痛剤を早めに内服しないと、痛い目にあったことがある。
 ④続けて鎮痛剤を内服することが、度々ある。
 ⑤以前に比較して、鎮痛剤を内服する回数が増え、効果が落ちている。
 ⑥連休中に立て続けに片頭痛がおこり、今までにないくらい鎮痛剤内服したが、効きが悪い
 ⑦効果が落ちるので、不安になる。受診する。

 というパターンが多いように思います。

 連休中は病院があいておらず、市販薬に頼らないといけない状態が続きます。
 更にあいてないと不安になり、連休があけるのが待ち遠しくなり、連休明けと同時に受診するというメカニズムと思います。

 実は火・水・木と続けて来院されています。

 鎮痛剤内服して、効果が落ち、内服する回数が増え、更に効果が落ちを続けても、いい方向には決して向かないものです。

 やはりうまくいかなくなったら受診です。

↑このページのトップヘ