カテゴリ: 脳卒中

RCVS澤村

[[img(
https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html 
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日はロッテマリーンズの澤村投手におきた「RCVS」という病気について触れたいと思います。
「RCVS」可逆性脳血管攣縮症候群と日本語と呼びます。血管が攣縮することで突然の頭痛をひきおこす疾患であり、可逆性と最初に書いているとおり、おおよそ元の状況に血管も戻っていくとされています。

この病気は突然の頭痛(雷鳴頭痛)によっておこる病気です。
私は個人的に頭痛外来で気をつけるべき「急性頭痛三兄弟」として①クモ膜下出血 ②椎骨動脈解離 ③RCVSの3疾患をあげています。
このRCVS
1分以内にピークに達する雷鳴頭痛、または重篤な再発性頭痛で発症

2つ以上の異なる脳動脈に分節性の脳血管攣縮を認める


③ 攣縮は
3か月以内に改善し、約30%に何らかの脳卒中を合併する

疾患とされています。当院でも今年は約8ヶ月で2例経験します。毎年、数例は経験しますので、多い疾患ではないけれど、決して稀というほどではありません。

 性行為, 労作, 排便, 急激な感情の起伏, 入浴やシャワーなどが引き金となって発症することが知られています。澤村投手の新聞記事はわずかなので、どうやって発症したかは不明ですが、多くの患者さんは上記を引き金として発症しています。

 
RCVSは片頭痛の患者さんに多く、重度の片頭痛発作とRCVSの鑑別が困難なことも多く、私の経験でもいつもの片頭痛かと思っていたが、普段は効果のあるトリプタン製剤で効果がないために、再度問診したり、MRI検査にて診断まで辿り着いたケースもあります。

 一般的には、
予後良好な症例が圧倒的に多く、致死率は1%未満・生命予後の危険は5%未満、再発率は5-8%とされています。澤村投手も6日ほどの入院で退院。自宅で安静にして徐々に運動強度をあげ、来月実践復帰を予定しているようです。そうなると一般的なRCVSの経過と考えられます。

 治療としてはワソラン(ベラパミル)の内服をすることが一般的で、MRI検査を行い、血管の攣縮が改善し、頭痛が収まっていけば終了となります。

 この澤村投手の発病を機会に、もう少しこのような疾患が一般的に知られるようになることを祈っております。

池田脳神経外科 092-589-0150

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/

池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc

あやケアプランセンター https://www.ayamedicalcareplan.com/

頭痛日記  http://headacheikeda.livedoor.blog/

認知症日記 http://dementiaikeda.livedoor.blog/

You Tube https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload

IMG_4804

You Tubeにて学会発表をupしています。↓↓↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=7_oSBN9ob6M

専門的な話しが多いので、一般の人には少し難しいかもしれません。


本日は11月7-8日つくば国際会議場にて行われた第48回日本頭痛学会総会についてです。

今年はコロナ禍での学会ですので、Webを中心にした学会になっています。

一部の先生方はつくばまで出かけられて、real timeに発信されるようですが、私は動画公開です。

今年は来年3つの製薬会社で発売を予定されている抗CGRP療法について、治験データも含めて発表される大事な学会になる予定でしたし、私自身はつくばには行ったことがなかったので、大変楽しみにしおていたわけですが、残念ながらWeb開催となりました。

もちろん、つくばに出かけてもいいわけですが、11月の週末の忙しい日程でしたので、今年はPCの前に座って聞く事と致しました。

私自身の発表もWeb上での発表ですので、どれくらいの人がどれくらい興味を持って聞いて頂けるかのあたりがわからず残念ですが、これも仕方ない「コロナ禍」です。

願わくば来年の「日本頭痛学会総会」が平常に行われること、コロナ禍が収まっていることを切に那賀っております。


イメージ 1

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日はタイトルのような話になります。

頭痛持ちの患者さんに頭痛がおこることは珍しくもなく、よくある出来事かもしれません。

頭痛持ちは「脳の病気」をおこすことだってあります。

今ふと考えただけでもこの3年間でも40歳代・50歳代の何れも片頭痛の女性で定期的に通院している患者さんが、何かいつもと違う感じで来院。

2人とも「椎骨動脈解離」による頭痛で、片頭痛ではなかったのです。

50歳代の女性は月1回程度の受診ですが、ある日来院。その際は気がついていない。翌日受診されて、そこでMRI検査を行い、やっと解離に気がついた次第です。

それ以来、少しでも疑えばMRI検査を勧めています。(苦笑)

40歳代女性は、同様の経過でしたので、MRI検査で解離を確認した次第です。

それ以外にも、認知症の母親に付き添ってくる40歳代の女性・50歳代の女性も頭痛で母親と一緒に来院され、何れも片頭痛患者さんではないが、「椎骨動脈解離」でした。

ですから何かおかしいでは、やはりMRI検査をすべきです。

特に片頭痛患者さんでは頭痛があるのが珍しくないため「いつもの頭痛」でないのであれば必ず早めの受診をしてください。

「椎骨動脈解離」の可能性を考えて欲しいのです。

本日書きました4人の患者さんは何れも元気に回復し、今も通院してくれています。

考えること! 行動におこすこと! 忘れないこと!

です。是非、頭の片隅に入れておいてください。


池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda

イメージ 1

https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html ]
ランキングに参加しています。 クリックをお願いします。


今週、俳優の金山一彦さんの頭痛がネット上で話題になりました。
11/1に奥さんと子供さんの3人で横浜中華街に行った際に、突然クビに違和感を感じ、その後後頭部に痛みがきて、うずくまったとのことでした。

それを自分のブログに載せたために、ちょっとした話題になったようです。
私もネットでたまたまみて年齢からも解離痛ではないかと思いましたが、どうも間違いないようです。

奥さんの大渕弁護士から頭痛治療で有名な東京女子医大客員教授の清水俊彦先生のもとを受診され、解離痛だと診断されたようです。(先生が今日のTVで話されたようです。)

タレントさんって個人情報保護なんてあるようなないようなものですが。TV番組でも報道されたようですので書いてもいいと思うんですが、何より大事にならなくてすんで良かったと思います。

彼自身も自分のブログに記載していますが、やはり今までと何か違うと思えば病院受診が必須です。

解離痛とは、主に40-60歳代の男性に多く、椎骨動脈という血管に亀裂が入り血管壁が解離する際におこるものです。
①突然痛みで発症する「頭痛」タイプ 
②解離して血管が閉塞する「脳梗塞」タイプ 
③くも膜下腔に出血する「くも膜下出血」タイプ
と3つのタイプがあります。

私も外来で年間5例程度発見します。割合は3:1:1です。
頭痛タイプが多いのですが、くも膜下出血のように突然頭痛で始まりますので、頭痛タイプかくも膜下出血タイプかはMRI検査しないとわかりません。
頭痛タイプはおおむね、いい結果になることが多いのですが、慌てて手術しないといけないケースや頭痛で発症後に脳梗塞やくも膜下出血に進展していくケースもあり、注意が必要です。

やはり、いつもと何か違うと思えば速やかに病院受診しましょう~!

https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif
[https://sick.blogmura.com/headache/ ]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

 ここ最近の当院の外来で血管性頭痛(ズキンズキンと脈打つ頭痛)で脳の病気が疑われる頭痛がいくつか続けてありました。

 東京女子医大の頭痛外来の清水先生はいかなる講演会でも2次性頭痛(脳の病気による頭痛)の除外が最も大事であることを毎回話されます。

 当たり前の当たり前なのだが、意外に簡単なようでこれが難しい。
今までに何度も見たことのある患者さんとか、何度か検査をしたことがある患者さんであれば以前との比較で症状なり、検査なりを行うことが診断がつきやすいと思います。

 ところが初診の患者さんであれば、なかなか難しい側面があるものです。
くも膜下出血を見逃すことは、専門の先生ではまずないと思われます。そんな派手な所見を呈していないけれど、よくみないとわからないケースが稀に見られるものです。

 その代表的なものが解離性動脈瘤です。これはMRAという血管の写真をとってきちんと評価することで診断はつくのですが、MRIだけでMRAを施行しないと気がつかないケースも多くありますし、CTだけでは診断がつけられないと思います。当院でも1年数件は、この解離性動脈瘤からの頭痛(解離痛)を経験します。

 解離性動脈瘤は主に椎骨動脈といって脳の後半部分を栄養する血管の起始部あたりにおこることが多く、比較的若年30-50歳代の男性に多く、同部(後頚部)の比較的突然におこった拍動性の痛みを呈します。

 ある病院でCTは正常だったと言われたけれど頭痛が後頚部に限局していますといわれた場合には、やはり解離性動脈瘤の除外のためにもMRI・MRA検査を施行することを勧めています。大きな病院では、行ったその日にMRI検査ができないことが大半だと思われますので、それも仕方ないわけですが、痛みが続く場合には是非MRI検査を施行することを勧めます。

↑このページのトップヘ