カテゴリ: 頭痛一般

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日はタイトル通りの話しです。

毎日毎日の「頭痛外来」は気づきの連続です。
教科書に載っていない話しで、参考になる話しがあふれています。

今日の話しはそんな話しです。

30歳代の女性です。
高校生の頃からの頭痛持ち。

母も姉も頭痛持ち。
でも自分が一番ひどい頭痛持ちだということです。

当院受診後
‘痛diary
⇒祝斌投与
トリプタン処方

一般的な治療を施しました。
頭痛は軽減しますが、なかなか軽快してはないのです。

この患者さんがこんなことをしだしたのです。
片頭痛は激減したのです。
\験莉慣を全面的に見直す
⊃事内容を見直す

これなんです。
体重が10kgくらい減りました。
飲酒・食事 徹底的に見直しました。

片頭痛はなくなってはいません。
でもトリプタン量は1/3以下へ
予防薬は不要になっています。

結果、very happyです。

我々医師はどうしても薬剤投与を中心に考えます。

しかし、それでは限界があります。

生活習慣の全面的な見直し
それを実行するのは大変難しい
でも、それが見直されることで頭痛習慣も変わったのですから、やはり特筆すべき事なんだと思います。

再度、「生活習慣の見直し」について学んだいい機会でした。

外来は気づきの連続です。


池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日はタイトル通りのお話しです。

2月22日は「頭痛の日」なんです。

なんで? 語呂合わせです。間違いなく・・・・

2018年「頭痛を予防しよう~」

2017年「頭痛は危険を知らせる警報器」

2016年「薬物の使用過多にうおる頭痛を防ごう」

2015年「頭痛の芽をつもう」

2014年「機嫌が悪いんじゃないんです。頭が痛いんです」

2013年「頭痛をもっと知ろう」

詳しくは日本頭痛協会のホームページに記載されていますので、是非訪問して下さい。

https://www.zutsuu-kyoukai.jp/%E9%A0%AD%E7%97%9B%E3%81%AE%E6%97%A5-%E5%95%93%E7%99%BA%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC/

しかし刺激的なポスターの数々になります。

2019年のポスター・標語ともに2月21日現在、まだ確認できていません。もうすぐupされる予定だと思っています。

このポスターを作っている「日本頭痛協会」は我々が所属している「日本頭痛学会」とは異なり、頭痛に関する知識の普及啓発、頭痛患者およびその家族の療育指導、頭痛に関する調査研究等を行うことによって、頭痛患者の福祉の増進、および頭痛関係者のコミュニケーションを促進することを目的としております。頭痛関係者とは、患者家族、医師、看護師、薬剤師、学校医、養護教員、産業医など、あまねく頭痛に関与するものを包括します。

となって主体は医師側ではなく、患者さん側といった趣が強い団体になります。

是非一度、ホームページに訪問して下さい。

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda

イメージ 1

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日はこの話題です。

皆さんがご存じのカロナールについて注射液が既に2013年11月からでています。
名前が「カロナール」ではなく、「アセリオ静注液」と言います。
内容成分は「カロナール」と同じで1000mg含有しています。

カロナール通常一般名「アセトアミノフェン」と呼びます。

市販薬の中にもアセトアミノフェンを含有した鎮痛剤は数多く発売されています。

妊婦や授乳中、1歳くらいの小さなお子さんにも比較的安心してかつ効果も確実な薬剤になります。

この「アセリオ静注液」は解熱鎮痛効果を持つ唯一の注射剤になります。
手術を受けて口から食べることのできない患者さんや、がん患者さんで内服できなかったり坐剤の使用が困難な場合などに使用されています。

海外では一般的な使用で有り、2002年くらいから多くの国で使用されているようです。

基本的には内服できなかったり、座薬できなかったりで使うことになっていて、多くは術後の疼痛controlで使われるようですが、中には片頭痛発作で内服できなかったりしている場合に使われることもあるようです。

私は全く使用経験がなく、学会・研究会で1-2度聞いたことがあります。

昨日も片頭痛がでて、薬は内服したが吐き気が強く、頭痛が完全に取れないけれど吐くので内服できないという患者さんがおみえになりました。

イミグラン注までしなくていいけど・・・。
と患者さんと話しをしながらですが、点滴+吐き気どめでは最終的には改善しないのでイミグラン注をしました。

こんな患者さんであれば「カロナール」の注射版「アセリオ」があればいいのにな~と思った次第でした。

価格は323円です。イミグラン注が2758円ですので価格が随分と安いのもありがたいですね。


池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda

イメージ 1

イメージ 2

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日で頭痛日記通算600ネタ目という一つの通過点を迎えました。
ブログ開設から11年目を迎えています。

いつも読んでいただいている人はおわかりまと思いますが、1週間に1回木曜日更新をしています。
以前は木曜日を中心に意外に不定期だったこともります。

徐々に木曜日に更新することが当たり前になり、最近は少し知恵がついて、時間があるときに書いて日時指定登校で木曜日午後0時30分に更新するようにしております。

23万人を越える訪問者があり、最大の訪問者は私自身ですが(笑)、皆さんに読んでいただき大変感謝しております。

前置きがながくなりました。
さて今日はこのネタです。仙台頭痛クリニックの松森先生がfacebookにupされて気がついたんですが、これは東京女子医大頭痛外来の清水先生がロキソニンで有名な第一三共ヘルスケアからの依頼原稿で大変興味深い記事でしたのでご紹介します。

この記事よくできています。
まず「働く女子」を賞賛しています。 頑張り屋さんだと・・・
清水先生らしい アプローチです。
「働く女子の頭痛応援団」という立ち位置にブレがありません。

頭痛の我慢ストレスは6.99点。4つのカラダの痛みの中では最高点で、「浮気発覚」6.94点「約束無視」6.75点と同じレベルのストレスだということのようです。

またこの調査で最も強調したい点は
クスリを積極的に使い痛みから解放を目指すグループ「痛み解放派」と極力クスリを使わないグループ「痛み我慢派」では夫や恋人に愛される、仕事・プライベートも充実・1日の時間を有効に活用と各項目で「痛み解放派」が「痛み我慢派」よりpositiveだったという結果でした。

やはりそうなんです。
痛みは我慢するものではないんです。痛みから解放されないといけないんです。

それが人生を豊にするんです!!

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda

イメージ 1

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日はタイトルのような話題をお届けします。

睡眠時無呼吸症候群
皆さん名前を聞けば、あ~あ となるような病気です。

なんろなくどんな症状がおこるかも理解できるかと思います。

まさにそのイラストのように多彩な症状がおこることも知られています。
そんな睡眠時無呼吸症候群ですが、頭痛も比較的おこりやすいのです。

睡眠時無呼吸性頭痛の症状は、
ゝ床時に頭痛がある
頭痛は30分以内に消失する
N沼性である
1ヶ月に15日以上生じる

このような症状が特徴的です。

寝ているときに「呼吸が結構止まっているよ~。」「イビキが激しくなっているよ」などとベッドパートナーから言われたことがありませんか?

今まで経験してきた睡眠時無呼吸症候群からの頭痛患者さんは、睡眠時無呼吸症候群を疑わせる症状を言われたことがアリ、患者さん自身もそうではないかと思っている患者さんが大変多いものです。

つまり概ね来院時に診断がついているものが多いのです。

睡眠時無呼吸症候群ではなぜ頭痛が多いのか?

それは睡眠時無呼吸により低酸素血症、高炭酸ガス血症、睡眠障害によるストレスなどが頭痛を生じさせると考えられています。

つまり、このような頭痛は睡眠時無呼吸症候群が改善すれば、症状は改善する可能性が高いと言うことになります。

~蕕擦
▲泪Ε好圈璽垢鮑遒
のどの奥を広げる手術・扁桃腺をとる手術を行う
CPAPをする

 銑い諒?,鬚箸襪海箸一般的です。

まずは呼吸器内科・精神科・耳鼻科・歯科などでご相談していただければです。

うちでも検査をしていて、睡眠時無呼吸症候群の診断を行っております。

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda

↑このページのトップヘ