カテゴリ: 頭痛一般

橋本洋一郎

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]


ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日は「
鬼滅の刃」x「片頭痛」のお話です。
これは熊本市民病院脳神経内科の橋本洋一郎先生考案の
「頭痛に打ち勝つための技 全集中 頭痛退散の呼吸 5つ型」(鬼滅の刃バージョン)です。

まさに生活指導のエッセンスがここに凝縮されています。

壱の型 「いらいらしない」
いらいらすると片頭痛をおこす閾値がさがってきて、片頭痛をおこしやすくなります。イライラしちゃ駄目なんです。

弐の型「ほっとしすぎない」
この時期はテストの季節なんで、例えますと試験を受ける際に緊張感が強くなって片頭痛をおこすパターンのほうがおおいのですが、試験が終わって緊張感がぐっと減って、そこで片頭痛をおこす患者さんがいます。ほっとしすぎてもいけないのです。

参の型「寝不足・寝過ぎを避ける」
決まった時間に寝て、決まったじかんに起きる。片頭痛睡眠の鉄則です。寝過ぎてもダメ・寝不足もダメなんです。

四の型「肩の凝らない生活」
肉体的にも、精神的にも肩の凝らない生活が求められます。
そのためには定期的な運動。それも全身運動がいいです。また、スモホやdisplayとにらめっこな生活もいけません。
運動は気持ちをrefleshさせるものだし、夜遅くまでスマホなどを見るとblue lightの刺激が宜しくありません。

伍の型「痛み止めは必要な分だけ」
適切な鎮痛剤の使用は非常に大切なことです。
過剰摂取は薬物乱用頭痛にもなりますし、痛みを感じる閾値を上昇させることにもつながります。

compactにかつsimpleにまとまっていて大変使いやすい。 更には「
鬼滅の刃」といった大Hitのキラーコンテンツですから言うことなしの頭痛5ヶ条だと思います。

是非参考にして下さい。

d43196-51-173668-0

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[
https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]


<a href="
https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

 

令和32発目のブログも最新研究からになります。

 

雑誌:Headache. 2020 Dec 21.doi: 10.1111/head.14037.

 

著者:Kobina K Hagan (Haravard University)

 

目的:発作性片頭痛成人患者94例を対象に、定期的な運動と頭痛の発生頻度、強度および期間の関連を前向きで検討した。

結果:調査開始時に週3回以上の中強度運動を実施していた患者群で運動量が少ない患者群より1カ月当たりの頭痛日数が1.5日少なかったが、この関連は統計的有意ではなかった(P0.066)。

運動と1カ月当たりの頭痛日数の関連性の強さは、調査開始時の頭痛予防薬使用状況により異なった(交互作用のP0.009)。頭痛予防薬を定期的に使用しており中強度の運動を実施している患者は、運動量が低い患者より頭痛日数が5.1日少なかった(P0.001)。

頭痛予防薬を使用しておらず中強度の運動を実施している患者の1カ月当たりの頭痛日数の減少は0.4日で、統計的有意差はなかった(同-2.2-1.3P0.636)。

 

結論:中強度の運動と頭痛強度や期間との関連は見られなかった。

 

単に運動をするだけでは、片頭痛回数が減るわけではないですよという論文です。

私は患者さんに定期的な運動をしなさいという生活指導はしていません。

頭痛体操をするように勧めております。

 

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda


頭痛の治療法

令和2年はコロナで始まり、コロナで終わる。本当にそういう意味では忙しい1年でした。

そんな中でも、来年への準備は着々と進めています。

まずは丸4年ほど当院でも3社から抗CGRP療法の治験を継続して行っていました。
合計55人の患者さんにエントリーしていただきました。
観察期間も全て終わり、会社によっては結果をHPに公表していたり、近々日本人だけの治験結果がpublishされる予定になっています。

先月・今月と治験結果発表会がWEBではありますが、執り行われました。
厚労省へは申請されていて、認可を待つだけの状況のようです。

来年のいつごろかは不明ですが、順調にいっているようですので認可されるものと思います。

そんな中で来年、西日本新聞に付随して出される記事に文書を書いています。

実は昨年も「認知症」について書かせていただいたわけですが、今年は満を持して「片頭痛」の治療法についての記事を書かせていただきました。

ブログの先頭に写真で添付しました。
恐らく、この文言・この写真で出される予定です。
手にとって読んでいただくと大変嬉しいです。


IMG_4733

↓↓You Tubeです。

https://www.youtube.com/watch?v=QuOgpLPn_iU

2016年7月8日にKBCテレビ(テレビ朝日系列)の朝の情報番組「朝デス」に本日の特集に「頭痛」のお話で出演したことを以前も記事にしておりました。

それ以降、内容をupしないとずっと思っていましたが、なかなか重い腰が上がらずにいましたが、この度やっと「You Tube」にupしています。

宜しければ、上記をcopy&pasteしていただき、覗いていただければさいわいです。

このブログに動画をupしようとしたのですが、うまく動画がはれませんでした。

また、今後はfacebookにもupする予定です。
現在は、認知症講演会をupしましたので、それもご覧頂けますと幸いです。

↓↓↓ Facebookです。

https://www.facebook.com/ikedansc/videos



マスク頭痛

 本日は患者さんからよく言われる「マスク頭痛」についてです。

 新型コロナ感染症で、自宅から出て行く際には「マスク」着用しないと行けない環境が半年以上続いています。恐らく、この状況はずっと続き、来年の今頃になっても同じような話しをしている可能性はあります。

 もちろん、新型コロナ感染症が収束して、マスクがいらない社会に戻ることが何より大事な事なんですが、実際問題まだその行方は不透明です。

 ではどういう点が「マスク頭痛」をひきおこしているのでしょうか?

 ①マスクをつける事への圧迫感
 マスクをつけることで、耳・鼻・口・顎などをtightに覆うことになりますので、どうしても着けている感覚が常時あり、常に圧を感じてしまう。ストレスになるなどが悪影響を及ぼしていると考えます。

 ②大気より少し酸素濃度の少なく、二酸化炭素濃度の濃い空気を取り込む
 このことがひいては脳血管の拡張をもたらし、片頭痛をおこす誘因になりかねないということです。またこの時期は直射日光の強さ、屋内と屋外の寒暖差などもあいまって頭痛をひきおこしやすい危険性があふれています。

 では、このような状況で「マスク頭痛」をおこさないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

 ①マスクの長時間はめっぱなしを防ぐ
 まず、これにつきます。屋外で人が少なければマスクをはめる必要性はありませんし、屋内でも周囲に人がいなければ、どうぞ十分確認の上外しましょう~!

 ②努めて深呼吸しましょう~!
 働く環境、学生さんであれば授業中などでマスクをはずせないかんきょうであれば、定期的に深呼吸をするのをお勧めします。気持ちもre-freshされますし、酸素濃度も上がりますので、いい方法だと思われます。

 ③はめやすいマスクを選びましょう
 マスクをつけている違和感をなるべく感じないマスクを選ぶことも非常に大切です。我々医療者は布マスクというわけにはいきませんが、医療関係以外ではcool感を謳っているマスクや、fit感を謳っているマスクなど多彩な種類があります。
 自分がなるべくマスクをつけているのを忘れるようなマスク選びは大事なpointと思われます。


↑このページのトップヘ