2008年03月

 昨日は月曜日。理容師さんが2人こられました。

 やはり2人ともに緊張型頭痛ですね。何れも40歳代でした。

 毎日のように痛い。夕方のほうが辛い。~とこういう話でしたが治療はというと。

 まず生活療法です。(お金がかからないことが一番効果的)

 .好肇譽奪
 これは肩甲骨と肩甲骨をくっつけたり、はなしたりするストレッチが最も有効です。
 頭痛体操と称して広めてる人もいます。

 ∩歓髪親
 これは水泳もしくはwalkingですが、私は水泳を強く推進します。それも平泳ぎです。温水プールにゆ っくり浸かって、気分もストレッチしますよね。そこから両手を大きくかいて泳ぎます。まさに肩甲骨 と肩甲骨をあわせる動作ですから有効です。

 F?
 まあこれは同じ話になりますが、少しぬるめに長くが基本です。

 あとは薬物療法です。
 ゞ效亟忘沺
 ミオナールを私はよく使います。少し眠たくなりますので、最初は夕方もしくは寝る前から増量してい きます。

 ⊆症杠
 この季節は温湿布がいいですね。

 D団忘
 これは頓用で使うのが基本です。

まあ、こういう話を外来でゆっくり話していくのが基本的な治療方法です。是非、お試しください。

 今日から3月ですね。少しあたたかくなりましたので気持ちは春モードです。

 診療所は1/15openですから、正味1.5ヶ月ですが、2月のまとめです。


 新患数131人(1日平均5.5人) 総患者数221人(1日平均9.2人)
 
 MRI施行数88人(1日平均3.7人:頭64人 頚椎7人 腰椎11人 肩2人 膝3人 手根骨1人)

 ということは1日9人ぐらい患者さんがきていただいて、うち5-6人が新患でそのうち4人弱の患者さんがMRIをとっていることになります。

 あ~そんなもんだねって感じです。


 ただこの1月で思うのは片頭痛って多いなあって感じです。

 昨日も二男の同級生のお母さんが片頭痛の発作中に来院。げえ~げえ~なっちゃって見てるのも可哀そうなんですけど、本当に思うのは片頭痛歴が長いのに片頭痛について知らない人が多いことです。

 何説明しても「へえ~へえ~」ばかりです。
 やはりわれわれ医者がもう少し患者さんに対して説明してあげないと、いつまでたっても片頭痛との付き合いが良くなりません。

 そんな人達の生活が安楽になるように今日もまた頑張ります。

↑このページのトップヘ