イメージ 1

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

これは片頭痛を経験している女性の患者さんからすると特別な話しではないかもしれません。

〃邨弌η嗟馥鋓?佞亙卞痛がおこりやすい。

月経に関連する片頭痛はげっけに関連しない片頭痛に比較して程度も強く・長く痛む。

この2点は経験的に女性の患者さんが学んでいることだと思われます。

上の△鯢修砲靴討い泙后

見たとおりです。
月経に関連する片頭痛は持続時間が長いのです。

月経時期に入るとトリプタン製剤を飲む可能性が高くなります。
ですから早めに備えて、少しでも兆候があれば速やかに内服して下さいと話しています。

また、上の表のように長い時間痛みます。
ですから1日2回内服しないといけないケースも多く見られます。

月経時であれば寝る前に頭痛があれば「飲んでから寝る」か? もしくは「飲まずに寝るか?」の究極の命題の答えは「飲んでから寝る」が正解だと考えています。

どうせ、また朝からトリプタン内服しないといけないから「飲まずに寝る」と言われる患者さんも多くいらっしゃるわけですが、「飲まずに寝る」と睡眠の質が低下し、翌朝頭痛で目が覚めたり、朝から内服してもトリプタンの効果そのものが低下する可能性が高いと考えているからです。

月経時は頭痛だけでなく、腹痛もと言われればロキソニン・カロナ-ルなどの解熱鎮痛剤(NSAIDs)の併用も勧めますし、また1日2回服用しないといけないことが多いという患者さんには、トリプタンの変更(例えばマクサルト→アマージ)なども、その時期だけは考慮した方がいいと考えています。

月経X片頭痛

切っても切れない関係性です。
是非、一度月経時の頭痛についても考えてみて下さい。


池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda