イメージ 1

イメージ 2

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日は前回と同じようにトリプタンのお話です。

患者さんは片頭痛の診断・治療は保険診療でなされています。
見る我々もその保険診療には国で決めたルールに従って行わなければいけません。

例えばトリプタン製剤については頓用で使用する。
とか、1回の処方箋に30回分とか40回分とは処方できないものと思っております。

ところが、それが実は国に定められたルール以外に県によってもルールが異なります。
この薬剤が処方された際には概ね10回分程度が適当であるとのことでしたが、県によっては拡大解釈されているようです。

例えば、当県におきましては掲げた書類にありますように1回の処方箋では概ね10回分までの処方とされています。
ただし薬剤において1回2錠内服できる薬剤については。1回2錠内服で、10回分で都合20錠処方できるものもあります。

これ以後、当県での処方は頓服は概ね10回分までの処方とすることがルールとなっています。

例えば兵庫県はそれが少し楽で、大阪府は厳しいといううように県によっては12回だったり、15回分ということもあるようです。

それが最近、他県から転居されたケースですが、1回に40回分処方されたケースがあってビックリしました。
40回分ですと、薬局で支払う金額は12000円程度になると思います。

全ての患者さんにされているわけではないのは重々承知していますが、それにしてもこのような処方ができるとはビックリでした。国のルール・県のルールというdouble stanndardの中でみなさんやりくりしています。

あまりにも多い処方ですと薬物乱用頭痛ということもありますので、40回分はさすがに多いかなあと思いました。

県よって大きく違うようです。



池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda