イメージ 1

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

今回はこの話題です。

今年も秋に第46回日本頭痛学会総会が神戸で行われます。

第44回が京都。第45回が大阪。そして第46回が神戸。
三都物語の完結編です。

7月31日が学会発表の演題募集締め切りになります。
今年も無事に演題を提出しましたので、順調にいけば11月に神戸を訪れる予定です。

現在の頭痛学会は端境期にきています。
ざっとこの20年くらいは、片頭痛治療の進展がなかったものが
〕祝斌瑤箸靴
ミグシスという予防薬が認可され、2010年代になって欧米と同様にデパケンやインデラルといった薬が使えるようになりました。

頓挫薬として
もちろんトリプタンの発売です。
イミグラン→ゾーミッグ→レルパックス→マクサルト→アマージと5剤のトリプタンが発売されました。
既にイミグラン・ゾーミッグ・マクサルトにつきましてはジェネリックも発売されています。

またイミグランは内服だけではなく、点鼻・注射・自己注射といろんな使い方ができるようになりました。

このように片頭痛患者さんは大きな恩恵をえました。

また片頭痛以外でも
2鯲ダ動脈瘤 RCVSといった急性の頭痛を来す疾患が注目されるようになり、病態・画像診断・治療方法などもほぼ確立された感がございます。

そういった中で2年後におそらく抗CGRP療法が認可される予定で治験が行われています。
今年5月にアメリカで認可が下りたことは追い風ですし、治験の途中経過も順調にいっているような話しになっているようで、大きな期待が寄せられています。

今年も抗CGRP療法の話しが多くでてくることが予測されています。もちろんまだ認可されていませんので、海外からのデータということになろうかと思います。

何れにしても発表の準備は大変で、お話を聞きに行けるのは楽しみといったところです。


池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda