イメージ 1

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日は前の北里大学神経内科教授である坂井文彦先生の著書と、現在いらっしゃる埼玉精神神経センターでの取り組みについてご紹介します。

坂井文彦先生は頭痛専門医であれば、知らない人はいません。
また1997年にだされた日本人の頭痛の有病率を出した論文は大変有名なお仕事です。

坂井先生門下には五十嵐先生を始め、たくさんの頭痛で有名な先生方がいらっしゃって、頭痛の研究者というだけでなく、教育者としても日本頭痛学会に多大な功績を残されているLegendです。

坂井先生がこの度、講談社の現在新書から本をだされています。私もAMAZONから購入しました。

また現在、所属先であります埼玉精神神経センターでの取り組みが大変すばらしいのです。

まずはHPです。
http://www.saitama-ni.com/zutuugairai.html

是非ご覧下さい。
通常の診察に加えて
”?指導 体操指導 生活指導 た翰?ウンセリング タ房N邸´Ε茱教室

至れり、尽くせりな内容になっています。
もちろん定期的に頭痛教室も行われています。

通常、大学教授をおやめになられますと病院長などの管理職をされるのが一般的なのですが、坂井先生は診療に大変時間を割いていらっしゃって、まさに「頭痛センター」ならではの取り組みをなされています。

我々開業医でも、同じようにとはいきませんが頭痛診療の末端を担っていますが、できる範囲で坂井先生のような取り組みをしていきたいと考えています。

仙台頭痛脳神経センター(http://www.sendai-zutsu.com/)の松森先生
札幌いそべ頭痛もの忘れクリニック(http://www.isobeclinic.jp/)の磯部先生

私の知る限り、上記でも規模はさすがに小さいとおもいますが、坂井先生と同様の取り組みを行われています。