[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日は前々回書きましたように片頭痛のお子さんをもつお母さんから

多分に不登校の可能性のある子どもが頭痛を訴えていて、本当に頭痛がひどいかどうか?
体温みたいに、これくらいなら学校に行くのは止めようかというスコア化できるようなものはないのか?

難しいんですよね。 単純に書けば「ない」です。

そんなに簡単ではないですね。

我が子も片頭痛+やや不登校傾向なんですが、我が子を見ながら思い、うちでやっていることを書けば

~案釮ら何かの変化を感じておくです。

身体の疲れがいつも以上ではないのか? 食事量? 睡眠量? 月経の始まり・・・?
翌日の学校であるイベント? 友人関係? 宿題・テスト?

いろいろありますよね。親御さんは事前に何か感じることがあるようです。

early workです。

前日から早め早めの対応を取るです。眠るのも早めに勧めてみます。
いつも起きる時間より少し早めに起こしてみて、状況を見てみることは大事です。
問題なければ、そのまま登校準備すればいいからです。
時間の余裕は心の余裕に繋がるです。

2燭おかしければどうおかしいか?考える。

子どもさんだから熱を測るのも一つです。
熱があれば感染症の可能性も考えないといけないからです。
熱が無ければ食欲・吐き気・頭痛の有無をみて、頭痛があるようなら早めにいつもの薬を内服・横にするです。

早めに動くので少し横になる時間ができます。早めにいつもの内服をしてみて、横にして最大限時間を取って、学校に行く準備を代わりにしてあげるのもいいことだと思います。
行く予定で準備するです。

い世い燭い慮擎未鮨劼佑堂?韻あるようであれば登校を勧めるです。

先生に連絡したり、調子が悪ければ先生に伝えるように話して登校を勧めるです。
とにかく行くことを勧めて、駄目なら保健室・迎えにいくこともできる提案をして登校を勧めます。

あとは、そこからうまく学校で過ごされば、本人の自信にもなりますし、帰ってからwellcomeな姿勢を伝えてあげれればなおいいのではないかと思っております。

通常は当院でもこのようなアドバイスをしています。

ただし、うまくいくことばかりではありません。日々方法を考えて、子どもさんと向き合うようにしています。