ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日は市販薬のお話です。
最近は風邪・インフルエンザの季節でもありますが、市販薬の頭痛薬も市場が活気を帯びています。

以前はそれほど新しい薬が出ることは、あまりなかったのですが最近は多いですね。
正直記憶できません。

価格.com調べでの市販薬売り上げランキングによりますと
①ロキソニンS
②イブA
③イブクイック頭痛薬
④イブAEx.
⑤バファリンA
ということです。やはり現在は確実にロキソニン時代なんです。

最近の頭痛薬は女性タレントさんが必ず出演しています。
主な出演者を挙げますと

セデス・・・山本美月
バファリンルナ・・・高畑充希
バファリンプレミアム・・・松下奈緒
ノーシンアイ・・・吹石一恵
ノーシンピュア・・・トリンドル玲奈
ナロンエース・・・榮倉奈々
ナロンエースR・・・堤真一
イブA・・・ローラ
イブAEx.・・・竹内結子
イブクイック頭痛薬・・・篠原涼子
ロキソニンSプレミアム・・・真木よう子

既に契約期間が終わって、現在はイメージキャラクターをやめられたタレントさんもいらっしゃるかとも思いますが、インターネットで調べると主な売れ筋の市販薬だけでもこれだけのタレントさんが出演しています。

堤真一さんを覗けば全員が20-30歳代の女性です。
頭痛薬=女性が買う物だという認識が高いと言うことなのかもしれません。比較的現在流行のタレントさんたちが出演されています。タレントさんが出ることで商品の認知度があがり、ドラッグストアでも選ばれる傾向にあるからだと思います。

ただし選ぶ際には、名前やタレントさんに左右されずに選んで欲しいのですが、ドラッグストアで尋ねてもなかなか選ぶポイントがわかりにくいのが現状です。基本的にはたくさんお鎮痛成分が入っていないものを選ぶのがいいのではないかと考えています。