<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";>人気ブログランキングへ</a>

ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日は上記のタイトル通りの話です。
クイズ徳する人・損する人みたいですが・・・・

外来で患者さんの話を聞きますと、片頭痛が数日続く人と続かない人がいらっしゃいます。
心当たりのある人もいらっしゃると思います。

いつも私は比較的に女性は続く人が多くて、男性は続く人が少ないと話しています。
まずもって誘因として天候をあげる人は女性に多く、男性はあまり天候に左右されない傾向です。

続いて月経という問題点があります。
台風などが接近して調子が悪い、更に月経がくるという状況は大いにあることです。
そうなると5-6日片頭痛発作が続いたりするのです。

男性は天候という誘因が少なく、更に月経もないために連日片頭痛発作が続くことがあまりないようです。

ここで問題なのは、やはり片頭痛患者さんでも他の頭蓋内疾患をおこす可能性があると言うことです。
ですから片頭痛発作が続いて、トリプタン製剤を内服すればいつものように効果がある場合にはそれほど問題ないケースが大半ですが、トリプタン製剤を内服しても効果が無かったり、あまり誘因がないのに続いたりする場合には一度かかりつけ医を受診をしたほうがいいと考えます。

今年ですが、当院でも40歳代のかかりつけの片頭痛患者さんが片頭痛発作が持続する。トリプタンの効きが悪いとのことでした。
初日はイミグラン注だけ行い、帰っていただきましたが翌日も頭痛が収まらないということでした。
やはりおかしいと思って、頭部MRI検査したところ、椎骨動脈解離をおこしていました。同日入院していただき、2週間程度で頭痛も軽減し帰宅していただきました。事なきを得たわけです。

なにかおかしいと思えば必ずかかりつけ医への受診は必須ですし、いつもとどう違うかを十分伝えることが必要です。