イメージ 1

イメージ 2

https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

今日は何を書こうかと思い悩んでいますと、患者さんから待合室の本を借りたいという申し出があり、そこにspotをと思いました。

当院待合室には①頭痛関連 ②脳卒中関連 ③認知症関連 ④その他で構成されています。
一番多いのは頭痛関連の本が一番多いようです。

いつの間にか1冊1冊と増えていき、随分と立派なラインアップ担ってきました。

TVでもおなじみの清水俊彦先生の本が多いのですが、ここでも紹介しました五十嵐先生の本なんかはさ~っさ~と読むのには大変読みやすいし、繰り返して読みたい本になっています。

見ていますと、字がたくさん詰まった本は敬遠されがちなようです。

一番人気はおそらく清水俊彦先生のDr.クロワッサン「頭痛に負けない暮らし方」という薄手の本です。
これが読まれている確率が最も高いようです。

私自身も頭痛ネタを500ネタ以上書いていますので、患者さんや出版社などから「本にされてみては?」という提案を何度も受けたことはあります。確かに、それほど苦労なく、今までのネタを整理して少しversion upすればできそうですが、アマゾンなどでの書評を見ると結構厳しいことが書いてあって尻込みしています。

それほどオリジナリティーの高い文章ではありませんので、目新しくもないですから気長にブログで表現していきたいと思っています。

またいい本がありましたらご紹介したいと存じます。