https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)
ランキングに参加しています。クリックお願いいたします。

 8月は全く更新できず、20日となってしましました。申し訳ありません。
今日は頭痛における睡眠の重要性について書いてみます。

 以前、「片頭痛体質」と勝手にそう呼んで片頭痛に多い体質的な問題点をあげてみました。
 そういう意味では睡眠における「片頭痛体質」ってどんなものがあるのでしょうか?

 まず睡眠は、寝ることによって自律神経系の副交感神経が有意になり、自律神経系の調整がなされます。組織は痛んだ場所を修復する方向に働くわけです。

 睡眠が十分でないと自律神経系の調整もままなりませんし、痛んだ組織の修復が十分できなくなります。それとは別に自覚症状としても起床時の倦怠感や睡眠に対する満足感などのなさなどにもつながる重要な事象です。

 片頭痛の患者さんは睡眠に対する満足度低いという報告があります。
 片頭痛患者さんの厄介な問題として、寝すぎてもダメ、寝不足もダメ、いつも同じくらいの睡眠時間が望まれると言う状況があります。

 そうすると深く眠れることが大事になります。
 具体的には①寝つきがいいかどうか? ②朝まで目が覚めるかどうか? ③起床時に満足感があるか?
という点が大事な問題ですが、患者さんに聞きますと①~③すべてダメという話をよく聞きます。もっと端的な質問をすると旅行などで眠る場所・枕が変わってもいつものように眠れますか?と聞くのが一番シンプルな質問でほとんど「あまり上手に眠れません」と答えられます。

 そういう意味では、満足できない睡眠は片頭痛体質の1つかもしれません。

 皆さんはどうでしょうか?