https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif
[https://sick.blogmura.com/headache/ にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

 本日は東京に認知症の研究会できています。午後からの診察はお休みです。
 宿泊は泊まりなれております「新高輪グランドプリンス」です。
 研究会後に、頑張って打ち込んでおります。

 さて正月あけから薬物乱用頭痛の患者さんが多いことを書きました。
 確かに多いんです。なぜかな?! 原因は実際よくわかりません。

 薬物乱用頭痛の患者さんの1回目の受診された場合には、患者さん用のパンフをお渡しして、それを中心に話しております。

 2回目の場合にも決まったことがいくつかあります。
 ①まずは2回目にきていただいたことに感謝します。
 ②頭痛diaryを確認します。書いていただいたことを感謝します。
 ③鎮痛剤をどれだけ内服しているかをcheckします。
 ④毒だし(=鎮痛剤をどれだけ中止したか)がうまくいったかどうかを確認する。

 この①~④を必ず確認します。

 以前も書きましたが、薬物乱用頭痛の治療がうまくいくかどうかのポイントがいくつかあります。
 ①自分が薬物乱用と気づいていない人は気づいていただくだけで、うまくいくことが多いです。
 ②逆に自分が薬物乱用頭痛と気がついている人は、かなり覚悟が必要です。
 ③決められた時期に再診していただける人はうまくいきます。
 ④頭痛diaryを丁寧に書く人はうまくいきます。
 ⑤2回目の受診時に鎮痛剤の内服回数が少ない場合にはうまくいきます。

 ということで1回目から2回目までが順調にいくことは薬物乱用頭痛の経過としては大変重要な期間になるのです。

 そのためにもきちんと再審していただくことが大事ですので、1回目受診された際に必ず受診していただくようにお願いしますし、2回目にきていただいた場合には感謝するようにしております。