https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)
ランキングに参加しています。是非クリックお願いいたします。

 私はヘンクツかもしれませんが、トリプタンを内服している患者さんが「鎮痛剤もしくは痛み止めがなくなりましたので来ました。」と言われて再診された時には、必ずこう言います。

 「トリプタン(それぞれの製品名)は片頭痛の機序を改善させる薬で、鎮痛剤や痛み止めではありません。」

 嫌味な感じですよね。周りの先生からは、「そんな言い方じゃなくてもいいんじゃない?!」とか「俺はハイハイと言って渡すよ」とか言われますが、私は嫌味であることを承知の上で鎮痛剤や痛み止めという呼称は使いませんし、患者さんにも使わさせません。

 それは、使っている薬が所謂鎮痛剤とは違うものであることを認識してほしいことや、併用療法をされる場合に間違って認識して欲しくないからです。

 患者さんも2-3度訂正させられると私に気を使ってか、そのような言い方はしなくなります。
 
 患者さんの中にもロキソニン・ボルタレン・セデス・イブなどとは違うものなんだと認識していただくことは大変大事だと考えています。

 それがひいてはNSAIDsとの併用療法の際に生きてきたり、薬物乱用頭痛にならなかったりとするものだと考えているからです。

 片頭痛をおこさないようにすることは私にはできません。上手なcontrolの仕方を覚えていただくことが今できる最高の治療だと考えています。ですから、きちんとした薬の情報を知っていただくことは必要なので、あえてそう言わせていただいております。