https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)
            クリックをお願いします。

 片頭痛患者さんは、月経時と排卵日に片頭痛がおこることが多くあります。

 当院でも一定期間follow upし、かつ頭痛diaryなどで予め頭痛がおこる日が決まっていらっしゃる患者さんがいます。多くは生理2-4日目だったり、排卵日だったりです。

 月経に関連する片頭痛は、月経に関連しない片頭痛に比較して頭痛の持続時間が長いのが特徴です。
 そうなると短時間作用型であるマクサルトは若干効果が弱いのかもしれません。

 そのようなケースでは、片頭痛薬+NSAIDsの併用療法を行います。これは効きだしも早いし、持続もするいい方法です。

 それでも駄目という場合にはどうするかと言えば、長時間作用型のアマージを使うことが多いわけです。アマージは長時間作用型であるが故に、効きだしがわるいわけです。ですからきそうだと思ってもなかなか効果がでづらいものです。

 そこで前もって痛くなる日には、朝から内服しておくという方法です。
 これは頭痛diaryで周期性で頭痛がくる日を前もって決定しておいて朝からアマージを内服するというやり方です。
 これは非常に効果的で全く頭痛を感じることなく過ごせる人もいます。特殊なやり方だけに、試している患者さんはたくさんいませんが、このようなやり方がすごくはまる人もいます。
 
 入学試験の日にも同じやり方を使うこともあります。
 入学試験はとてもストレスを感じる日で特別な日です。特別な日限定のやり方でこの方法を試す場合もあります。その場合には模擬試験などで1-2回やり方を確かめといて、本番で使用するのです。

 この方法は特殊なやり方ですので、自分勝手に試さないで先生ともよく相談してやってください。

https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)
            クリックをお願いします。