皆さんご存じのように、3人組ユニットglobeのボーカルで、音楽プロデューサー・小室哲哉(52)の妻のKEIKO(39)さんが、24日夕方に都内の自宅で頭痛を訴え、小室が119番通報。くも膜下出血で救急搬送され、5時間にわたる緊急手術を行ったことが明らかになった。
 
 くも膜下出血は今までに経験したことのないような激しい頭痛で発症する病気です。
 皆さんもご存じのように昨年巨人軍の木村拓也コーチが広島球場で倒れて亡くなった病気でもあります。
 くも膜下出血になられた有名人と言えば南田洋子・木原美智子さんなどたくさんの有名人がいらっしゃいます。
 
 男女比で言えば3:2で女性に多く。脳動脈瘤が破裂しておこるものが大半です。
 非常に亡くなられる人の多い病気で、1年間で全国で15000人以上の方が亡くなられます。
 年齢でいえば50-70歳代に多い病気ですが、20-30歳代でもなられる方もあり、そういう意味では39歳は若い方ではありますが、珍しい年齢ではありません。
 
 当院にもくも膜下出血を心配されて来院される患者さんもいらっしゃいましたが、kEIKOさんの1日も早い回復をお祈りしています。