最近、60歳以降の薬物乱用頭痛の患者さんが多く見えます。
 
 特徴的な傾向として
 ①遠くからおいでになる。(私の診療圏のはるか遠くから)
 ②多数の医療機関を受診されての来院。
 ③多数の検査をされて異常所見なし
 ④今までに多数の鎮痛剤を服用されている
 ⑤ホームページをcheckされて来院される
 ⑥再診率が高い
 ⑦治るのに時間がかかる
 ⑧真面目な患者さんが多い
 
 思いつくまま出してみました。
 恐らくこのように共通したものがあります。
 
 薬物乱用頭痛は禁煙治療に似たところが多くあります。
 ①患者さんはこのままではいけないと思っている。
 ②止めれれば止めたいと思っている。
 ③内服する期間(喫煙している期間)が短いほうが治療しやすい。
 ④1日の内服量(1日の喫煙本数)が少ないほうが治療しやすい。
 ⑤徐々にやめるか一気に止めるかという方法がある。
 
 なるほどと思っていただける方も多いと思います。
 だけれど一筋縄ではいかないのも事実です。