1/21第一三共ヘルスケアからロキソニンSが発売されました。
 
 このお薬は1986年に発売されてからというもの、NSAIDsという種類の薬では断トツ1位のヒット商品です。使われたことがある方もたくさんいらっしゃるものと思います。解熱鎮痛薬の分野では処方薬からOTCになったのは26年ぶりとのことで期待されているようです。
 
 12錠入りが680円ということで、今年度は510億円を期待されているようです。
 
 国としては国民医療費を下げたいという希望があるために、今後も処方薬がOTCとして売られるようになる傾向は益々強くなるものだと思いますが、十分注意が必要だと思います。
 
 当然、副作用もかなりあります。胃潰瘍なんていうのは最たるもので、私の友人の消化器内科医は胃カメラで発見される胃潰瘍の1/3は鎮痛剤の内服しすぎによる潰瘍だということで、整形外科に足を向けて眠れないと冗談とも本気ともわからないようなことを言っていました。
 
 また私の専門分野で言いますと薬物乱用頭痛をおこす、処方薬断トツ1位もロキソニンですので、これでそのような患者さんが増えないことを願いますし、またそうならないようにドラッグストアでの薬剤師の方々の説明も非常に大事になってくるものと考えています。