日曜日にラグビーのコーチングの勉強に行ってきました。
 そこで非常に心に残った言葉がありますので、ご紹介します。 

 フランスのロジャ・ルメ-ルという元サッカーフランス代表監督の言葉です。

 「学ぶことをやめたら
        指導することもやめなければならない」

 含蓄のある言葉ですよね。

 われわれ医師も学ぶことをやめたなら、患者さんをみることはやめなければならないのです。

 学問は他の人から聞いたり、学んだり、本を読んだりして知識を増やすことも大事です。それ以上に患者さんから学ぶことのほうが本当に多いのだと考える今日このころです。

 常に学ぶという気持ちを忘れずに頑張りたいです。