最近ブログさぼってますねという言葉を戴き、大慌てで書いています。

 最近、HPを見て遠方から来院される患者さんが目立ちます。今日も、前もって受付さんへの相談があってましたが、皆さんお困りなんだと痛感する次第です。

 先日も70歳代の薬物乱用頭痛の患者さんが遠くからおいでになりました。
 
 非常に品のよいご婦人でしたが、ある鎮痛剤がやめれないとのことで、娘さん達が心配されて来院されていました。

 私が経験する薬物乱用頭痛は20歳代~40歳代が大半で、70歳代までいらっしゃるとはビックリいたしました。

 最終的には、その薬をやめる以外の方法はないことを時間をかけて説明させていただきましたが、70歳代となるとなかなか難しいようです。一緒においでになった娘さんがたは共に流涙され、ことの重大性に気がつかれて思いを新たにされていました。

 それが、なかなか本人にまでは伝わらず、歯がゆい思いはありますが、周りの娘さんのサポートできっと離脱してくれると強く信じています。

 薬物乱用頭痛の患者さんの多くは自分で駄目だと思われて来院されるケースですが、このように自覚がないままつれてこられるケースは難渋します。

 ぜひ離脱してほしいと願うばかりです。