昨日から薬事法が改正されて、市販薬のうちに重篤な副作用をおこしにくい薬については販売が以前より自由化されたということです。

 一部には根強い反対もありますし、インターネットでの薬の販売に規制がかかったりで、便利になれば便利になったでいろんな問題がでてくるのみ事実です。

 難しい問題ですよね。

 新聞でもOTCという言葉が並びました。

 OTCとはOver The Counter Drugの略です。
 つまり、カウンターを越えておいてある市販薬で、薬剤師さんに症状をお話しして、薬剤師さんが薬を選んでくれるという意味です。

 しかし昨今のドラッグストアでは、薬剤師さんか、普通のスタッフかがわからず、勝手にお客さんが薬を選ぶというスタイルに変わっています。
 先日いらっしゃた患者さんは「バファリン」を選んでいたら、「イブA」のほうが軽くていいですよという話だったので「イブA」を買いましたという話であった。
 これは「イブ」だったら、悪くない話ですが「イブA」なら明らかにバファリンのほうが軽い薬になるわけで、専門家が話したのではなく、恐らくスタッフが「イブA」の売上げが多いので勧めたものではないかと考えます。

 市販薬がOTCと呼ばれるようになってから、本当にOTCではなくなった事実があるものと思います。

 自分の責任のもとで自分の判断で買うというのがOTCになっていくんだと思います。