脳神経外科の看板を掲げて早1年3ヶ月をたちました。

 私自身は予防接種(インフル、MRワクチン、二種混合など)もすれば、高血圧・糖尿病などの生活習慣病や、皮膚科疾患でも患者さんによってはみています。

 ただ周りからもなぜ神経内科とかリハビリテーションとか内科などの科目も標榜しなかったのかとよく聞かれていました。もちろん、脳神経外科としてのこだわり以外の何物でもないわけですが、1人でろくに研修もうけていないのに沢山の科を掲げるのに非常に抵抗があったからです。

 おかげで最近も認知症の心配でこられた患者さんのご家族からも、「一緒に血圧の薬もこちらでおだししましょうか?」と聞いてみたら、「そんなものでも診てくれるんですか?!」と逆に聞き返されました。

 特別ではないので「あら~いいですよ。」といいますと「脳外科だから頭以外のことはみてくれないと思っていました。」と言われました。

 私はいつも「脳の病気が専門の開業医ですから、風邪でも水虫でも何んでも見ますよ。わかる範囲はですね。もちろん、手に負えない場合には専門の先生にお願いしますけれど、何んでも診ますよ」と答えています。

 脳外科は非常に敷居が高いと思われているらしく、そのような質問ってよく聞かれるのです。決して敷居は高くしていないんですけどね~?!なかなか伝わっていないようです。