片頭痛の患者さんいは約75%に肩こりを伴うと言われています。

 当院にいらっしゃる患者さんでも、肩こりがある片頭痛患者さんはたくさんいらっしゃって、キチンと計ったわけではないですが、実感として3/4はいらっしゃると思います。

 それらの患者さんは少なくとも半分以上の確率で、前医で「緊張型頭痛」と診断されています。
 
  肩こり=緊張型

 という簡単な図式が目に浮かびます。片頭痛患者さんの82%は過去に片頭痛と診断された経験があるという報告もありますので、かなり誤診されているわけです。

 実際片頭痛の患者さんお肩こりで多いのは
 ‘痛がおこりそうな時 84%
 頭痛が始まってから  45%
 F痛がピークの時   29%
 て痛の始まりかけ    5%

 という統計があります。

 緊張型頭痛は始終肩がこっているわけですが、片頭痛の場合には発作の時に痛くなるわけです。ですから片頭痛の患者さんの場合には肩こりがおこりだしたら、それは即 片頭痛発作のサインと考えていただいていいと思います。