昨日はあるホテルで主に消化器疾患を中心にみていらしゃいます開業医の先生方5人を相手に頭痛の小さな勉強会をやってまいりました。

 頭痛診療に比較的興味のある先生からそうでもない先生までいらっしゃいますので、どの程度の内容にするかで困るところです。

 そこでの質問で「70歳代のおばあちゃんが、いつも片頭痛の薬をもらっていくんだけど、こんな年齢でも片頭痛はあるのですか?」という質問でした。

 経験的には50歳代の片頭痛はざらにあります。
 60歳代前半はないことはないが、少ないです。
 70歳代は「う~ん経験ないなあ~?!」です。

 頭痛はあるのは間違いないと思いますが、片頭痛ではなくて混合型から片頭痛の要素がずいぶん抜けたものではないかと思います。恐らくトリプタンが効いているのではなくて、薬を飲むという行いが効いているのではないでしょうかと話しました。

 皆さんそれぞれ診療の悩みがあるようで、その手伝いに少しはなれたのではないかと思います。

 また私も専門ではない先生の話を聞くことで、診療の手助けになりますし、また次回このような会をするときにpointがつかめるので大歓迎です。