今年4月から片頭痛の患者さんの治療として自己注射が認可されました。

 内服に点鼻に注射と投与方法3通りあるわけで、患者さんも選択肢が多いほうが治療しやすいと思いますので朗報です。

 糖尿病の患者さんでインシュリンを自己注射されていらっしゃる方も多いので、それ自身は決して医療機関では珍しくはありませんが、頭痛で注射?と思われる方も多いものと思います。

 頭痛がおこれば、激しい痛みでとにかく早く痛みを取って欲しいと思われるものです。

 内服ですと薬にもよりますが早いもので1時間。長いものは3時間くらいかかちゃいます。

 点鼻の場合ですと約30分かかちゃいます。

 注射がやはり最も早くて10分くらいで改善してきますので、そういう意味ではこの20-30分という時間が患者さんにとっては大事な問題なのです。

 片頭痛治療の問題はやはり値段が、、、。これが問題ですね。