土曜日にある研究会に行って来ました。

 その研究会には腰痛というか腰の治療を専門にしている有名な先生がいらっしゃって講演されていました。頭痛も大変ですが、腰痛も大変ですね。

 私はギックリ腰で入院したこともあるぐらいの腰痛もちですから、一患者としても楽しみに聞きました。従来、腹筋が弱いと腰痛を起こしやすいといわれていましたが、そんな事はないという話は興味深かったです。またサイエンスでは全く解決できない腰痛があるというお話もされていました。

 その中で頭痛診療に繋がるなあという話がありましたのでご紹介します。

 ヾ擬圓気鵑鉾甦囘に話しても、患者さんは絶対良くならない。

 ⊆る、治して上げるという気持ちが伝わらない診療は無意味だ。

 0綮妁患者の一方通行では解決できない。双方向の治療が必要。

 まあ精神論みたいな話になりはしましたが、聞いていて確かにと妙に納得した次第でした。頭痛診療にも繋がるいい話だと思いました。