新年あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

今日は新年一発目ですから、忘れてはいけない頭痛について書きます。
それがくも膜下出血です。

先月経験した患者さんです。91歳の非常にお元気なおばあちゃんでした。
土曜日の午前10時すぎに庭いじりをしていて突然ガーンと頭が痛くなり、嘔吐しています。
その後も経験したことがない頭痛がず~と続いたということで、午前11時すぎに救急車で来院されました。

普段、血圧の薬を飲んでいて安定している血圧が180を越えていました。
頭痛が持続していましたが点滴だけで様子を見られ、3時間後帰宅されています。
その後、頭痛が持続するために月曜日に来院され、話からもくも膜下出血を考えて、CTをとったら、やはりくも膜下出血でした。

高齢でしたので、手術もせずに経過をみたところ幸いにも2週間後歩いて自宅へ帰られました。

娘さんは、土曜日にも絶対脳卒中をおこしたと確信されていたようです。
なぜなら今までと全く様子が違うと思われたそうです。

くも膜下出血の痛みは突然・経験したことがない激しい痛み・持続する
という特徴があり、なおかつ血圧が上昇しています。

お忘れなく~!