イメージ 1

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日は市販薬の話しです。

頭痛外来をしていますと、おもしろい話しに出くわします。

先日、こられた患者さんです。いわゆる「薬物乱用頭痛」という診断の患者さんです。

この患者さんが毎日服用していた薬がこれです。「慢性頭痛」とデカデカ書かれた赤くて目をひくパッケージになっています。

これを薬局でみると目につきますよね~。商品名がわからない。「慢性頭痛」薬?みたいに理解されるのも仕方ありません。
14種類の生薬配合というのが更にそそります。

漢方薬ですね。

漢方薬局のHP(https://kanpoukazoku.com/2014/01/post-1978/)によると

顔の痛み全般に使う処方で、ピリピリした痛み、目の奥がガンガンする、チカチカする、寒さに当たると顔の皮膚が痛いという顔面痛。冷えることによって起こる頭痛、ヘルペスの後に出てくる頬や周りの痛みにも。首から上の痛みに対して使う処方です。

頭痛薬などを長期間服用したくない、そんな方にもお勧めできる処方で、長期的に服用しても大丈夫な処方です。中年以降の女性に多い頭痛(のぼせ感を伴う頭痛)、にも使います。

という記載をみるとやはり頭痛というより神経痛に対して毎日内服する薬で、一般的に言われる鎮痛剤の範疇からは少し離れているように思います。

値段は6日分で楽天市場の通販にて税込み2280円ですので、決して安い金額ではありません。

私自身は患者さんが持ってこられて初めて目にしました。
市販の薬には詳しいと自覚していましたが、まあこういう薬もあるんだと改めて勉強になった次第です。

効果の程はあ、私がみた患者さんにはなかったようです。
その患者さんが基本的には片頭痛でしたので、致し方ないように考えます。

市販薬も奥が深いです。

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda

イメージ 1

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

これは片頭痛を経験している女性の患者さんからすると特別な話しではないかもしれません。

〃邨弌η嗟馥鋓?佞亙卞痛がおこりやすい。

月経に関連する片頭痛はげっけに関連しない片頭痛に比較して程度も強く・長く痛む。

この2点は経験的に女性の患者さんが学んでいることだと思われます。

上の△鯢修砲靴討い泙后

見たとおりです。
月経に関連する片頭痛は持続時間が長いのです。

月経時期に入るとトリプタン製剤を飲む可能性が高くなります。
ですから早めに備えて、少しでも兆候があれば速やかに内服して下さいと話しています。

また、上の表のように長い時間痛みます。
ですから1日2回内服しないといけないケースも多く見られます。

月経時であれば寝る前に頭痛があれば「飲んでから寝る」か? もしくは「飲まずに寝るか?」の究極の命題の答えは「飲んでから寝る」が正解だと考えています。

どうせ、また朝からトリプタン内服しないといけないから「飲まずに寝る」と言われる患者さんも多くいらっしゃるわけですが、「飲まずに寝る」と睡眠の質が低下し、翌朝頭痛で目が覚めたり、朝から内服してもトリプタンの効果そのものが低下する可能性が高いと考えているからです。

月経時は頭痛だけでなく、腹痛もと言われればロキソニン・カロナ-ルなどの解熱鎮痛剤(NSAIDs)の併用も勧めますし、また1日2回服用しないといけないことが多いという患者さんには、トリプタンの変更(例えばマクサルト→アマージ)なども、その時期だけは考慮した方がいいと考えています。

月経X片頭痛

切っても切れない関係性です。
是非、一度月経時の頭痛についても考えてみて下さい。


池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda

イメージ 1

イメージ 2

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]

<a href="https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日はレルパックスのジェネリックについての話題です。

トリプタン製剤は現在の片頭痛治療の切り札的薬剤です。

発売順で.ぅ潺哀薀鵝´▲勝璽潺奪亜´レルパックス ぅ泪サルト ゥ▲沺璽犬僚臠屬波売されました。

既に.ぅ潺哀薀鵝´▲勝璽潺奪亜´マクサルトについてはジェネリックがでています。

今回、昨年12月にレルパックスのジェネリックがついに発売されました。

トリプタン製剤も以前と比較しますと安くなったとは言え、現在レルパックスで704円/錠です。
つまり、3割負担で1錠210円になります。

今回のジェネリックが半額の352円ですので、3割負担で105円になりました。
随分と割安感がでてきました。

私もトリプタンを初めて使う際には値段の話しを以前はしていたわけですが、ジェネリックになってからは初回使用時に説明しなくなりました。

それだけビックリする人がいなくなったからです。

既に当院でも、ジェネリックになって使った人の感想をパラパラ聞くことができています。
「概ね以前の先発品と比較して差がない。」というものが大半です。

でも多くの患者さんは様子をみていて、「あまり変わりない」という評価が固まった頃に変えたいという希望が大半です。

痛みが取れないという不安感が強いからで、イミグランやマクサルトのジェネリックが出た際にも同じような反応でしたので、特に違和感を感じていません。

評価が定まるのには半年くらいかかると思われます。
そこから徐々にということになると思います。

もうしばらく効果の程を外来にて観察していきたいです。

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda

↑このページのトップヘ