IMG_5826

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

9月5日初めての試みですがOn lineセミナーを開きました。

この写真でみていただくとわかりますが、You Tuberのようなセッテイングです。
カメラがあり、ライトもあって、左隣には司会の女性。
左前には統括する女性スタッフ。右前にはディレクターのような男性。
この場所ではないところで、音声確認するスタッフさんの陣容です。

settingにはいってからも1-2人の参加者の方がいらっしゃったようです。
最終的な参加者は20数人いらっしゃったようです。
ほぼ全員が最後まで参加していただいていたようで感謝でしかありません。

開始時間の1時間前に入り、パワーポイントの確認・音声の確認がありました。
事前に質問事項が決まっていましたので、どの質問を採用するかどうか?!
答えはどうか?!

私としては質疑応答をやりたかったのですが、スタッフさん側から個人的な質問になるので・・・
とやんわり断られました。

確かに、市の依頼で認知症講演会などで質問を求めると、非常に個人的な質問になり
延々と質問なのか、話したいだけなのか?!ということが高齢者ではよくあります。
そういうこともあって事前質問の形態にしているとのことでした。

講演始まると、スライドが動きにくいのが発覚。
途中、行き過ぎたり、戻りすぎたり、、、。
大変ご迷惑をおかけいたしました。

時間もトータルで1時間。講演は50分でしたので、
思うような話しができたかどうだかわかりません。
当院のYou Tubeを見られた人にとっては、見慣れたスライドがいくつもあったと思います。

コロナ禍の現状は、このようなスタイルは大変いいスタイルだと思いますし、
更には全国津々浦々から参加できるのもメリットであります。

今後は、当院でもこのような取り組みをしていきたいと考えていますが、
それには少しハードルがありますので、ハードの面もソフトの面も構築していきたいです。


池田脳神経外科 092-589-0150
池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
You Tube(池田脳神経外科公式チャンネル) https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload...

ファンファンセミナー


























[[img(
https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

今回は9月5日の日曜日にOn-line セミナーを開くことになった御報告です。
(このブログを見ていただいている皆さんも参加でします。)

これは西日本新聞のフリーペーパーである「ファンファン福岡」さんからの発信になります。

「ファンファン福岡」さんは恐らくターゲットになるのが20-40歳代の女性だと思われます。

https://fanfunfukuoka.aumo.jp/

https://fanfunfukuoka.aumo.jp/articles/1298835 (こちらのアドレスに申し込みフォームがあります。)

どんな感じになるかわかりませんが、最初に私がパワーポイントを使って、少し「片頭痛」のお話をします。

病状・診断・治療・最近の「エムガルティ」のような最新治療についてもお話しします。

その後、参加者からの質問に対してお答えしていくという流れになります。
外来では、限られた時間の中で、なかなか思うように聞く時間がなかったり、聞いてもらえなかったり・・・
いろいろゆっくり聞いて欲しい事や、今の先生の治療がはたしてどうなの?ということもあるかもしれません?!

そんな疑問にもお答えしていきたいと思います。

またコロナ禍でなかなか医療機関に足が向かないひともいらっしゃると思いますが、ON-lineですから感染の危険性も0ですので、その点は安心ですよね。

とにかく初めてのことで緊張しますが、いい経験にしていきたいですし、うまくいけば同じような取り組みをしていきたいと思っております。

乞うご期待ください。
また、参加お待ちしております。


池田脳神経外科 092-589-0150
池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
You Tube(池田脳神経外科公式チャンネル) https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload...

2020年上位2021年上位png

































































[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日は、患者ニーズ研究所というDoctors Fileというところからでた雑誌のお話です。

一般の患者さんたちが、netを経由して、どんな疾患を検索したかというreportです。

現時点であれば、きっとコロナワクチン情報がtopに躍り出ると思いますが、コロナワクチンが出る前の時期ですので、この結果になりました。

ここにあげたのは昨年10-12月、今年1月-3月ですが、やはり頭痛は上位に来ます。

順番としては、頭痛三兄弟の①片頭痛 ②緊張型頭痛 ③群発頭痛の順番です。

患者さんの数としては「緊張型頭痛」が圧倒的におおいのですが、医療機関を受診するのは「片頭痛」が圧倒的に多いという現実を表しています。日常生活支障度としては「群発頭痛」が「片頭痛」を凌駕しますが、患者さんの数としては「片頭痛」が多いので、検索としては「片頭痛」が多くなると言うことでしょう。

もちろんnet検索する年代が恐らく50歳代より下の世代に圧倒的に多いこと、その世代に「片頭痛」の好発年齢であること、男性より女性の方がnet検索でたどり着く患者さんが多いこと、これも男女比が1:3.6と女性に圧倒的に多い「片頭痛」という疾患の特徴でもあるので、このような結果になったと推測します。

我々、頭痛専門医はもっとnet・SNSなどを通じて情報発信していくニーズもあるし、それを怠らないようにしないといけないと思わせるデータです。

「片頭痛」や「群発頭痛」であれば、このサイトを見たらよくわかる的な絶対的なサイトがないというのも事実なのかもしれません。我々自身はもっと客観的で、わかりやすいサイト作りをやることが大事なことだと思われます。

池田脳神経外科 092-589-0150
池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
You Tube(池田脳神経外科公式チャンネル) https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload...

↑このページのトップヘ