acc-5
98816f183ec4ac92b346e00f49de9e03
f2a5737f2a1c2add2bed966c2baa973d


[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[
https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日は、タイトルのようなお話です。
昨年、抗CGRP製剤が日本で発売されました。順番にエムガルティ・アイモビーグ・アジョビという名前の薬です。

私は3剤ともに治験も参加しましたし、現在も3剤とも普段から使用しております。

また、それぞれの会社からの講演を引き受けることもよくあり、それぞれの薬についても日々brush upし、海外の論文なども読んでいるつもりです。

 

講演会では、現在のルールでは他剤を非難しなり、一方的に持ち上げたりすることは禁止されています。また、効果を過大に評価するような表現も禁止されています。

 

となりますと聞いていただいている先生方から最後の質問コーナーで、「同じような薬剤3つありますが、どれが一番いいですか?」「患者さんのタイプによって使いやすい薬剤はどれですか?」などという答えにくい質問もあります。

 

基本的には当該薬剤(その講演会を主催している製薬会社が発売している薬剤という意味)についてのmerit/demeritはある程度お答えしますが、他剤との比較についてはお答えできにくいという感じで柔らかにお答えしないようにしています。

 

もちろん外来でも、最近は同じような質問をされる患者さんもいます。また薬剤を指定してこられる患者さんもいます。指定していただければ、もちろんそのリクエストにお答えします。ですが、どれが一番いいですか?ときかれますと、あなたのタイプなら、条件なら、状況ならと仮定したうえで薬剤の選択をしています。

 

本日も痛みがあって早くどうにか改善できないものか?と言われたら「エムガルティ」をお勧めしています。

 

金額的に安いものがいいと言われれば「アジョビ」「アイモビーグ」をお勧めします。(1年間使うとすると、大きな金額の差にはなっていませんが)

 

注射の痛みがすごく苦手ですと言われれば「アイモビーグ」をお勧めするようにしているのが現況です。

 

それらが全くないのであれば、患者さんとも相談して決めているという状況になります。

 

答えがあるようで、あまりなく。抗体医薬という薬剤は、それほど大きな違い(効果・副作用)はおきないものと考えていて、使う我々側の趣向が大きいのかもしれません。

 

ただし、使ってみて効果がなく、他剤に変更して効果があるというケースもあるので、効果がなかったからと失望する必要性もなく、その際には是非他剤の使用を進めております。

 

何かの参考になりましたら幸いです。


池田脳神経外科 092-589-0150

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/

池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc

頭痛日記  http://headacheikeda.livedoor.blog/

認知症日記 http://dementiaikeda.livedoor.blog/

You Tube(池田脳神経外科公式チャンネル) https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload...






IMG_3232
[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。


本日はこの話題です。

大した話ではないのですが、先月Webではありますが、全国講演会(視聴者1200人程度)で講演をさせていただきました。

今話題の抗CGRP製剤のお話で、大塚製薬からでている「アジョビ」というお薬のお話を40分程度させていただきました。

TVの生放送と同じで、19時ちょうどからdirectorさんのQを合図に講演が始まります。

もちろん事前のスライド打ち合わせがあり、当日の打ち合わせ、流れ・進行表・台本などがあり、講演が進みます。

座長には手慣れている先輩に出ていただき、何とか上手に大役をこなすことができました。

今まではリアルな会で新高輪プリンスホテルで1200人の聴衆を相手に話したのが今までのmaxなんですが、webだと目の前にいないので、変に緊張もせずにいつものペースです。(笑)

設営・スタッフなどたくさんの人数が必要ですので、経費は相当かかると思いますが、画面相手に話すということは一緒ですので、実は
手当はいつもと同じです。(笑)

大塚製薬さんのHPでもい見れるのですが、医療従事者しかそこには入れないので、一般の患者さんには案内しておりません。残念ですが、、、。

実は今後、GW明けにイーライリリー社・第一三共で発売されている同じ効果の抗CGRP製剤である「エムガルティ」でも同じ規模の全国Web講演会も控えていて、なかなか忙しい日々です。

H29年から治験を含め、我々がやってきたことが少しでも多くの片頭痛で困っている患者さんに届ければありがたいと思っています。

片頭痛でお困りの患者が一人でも楽になれれば幸いです。


池田脳神経外科 092-589-0150
池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
You Tube(池田脳神経外科公式チャンネル) https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload...

IMG_6339
[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。


本日はこの話題です。

日本頭痛学会・日本頭痛協会は毎年「2月22日」を頭痛の日として、標語を募集したりしていましたが、ここ数年はそのような標語の発表もなく、過ごしていました。

今年は(昨年は)CGRP製剤の発売もあって、頭痛業界(おかしな表現ですね)は活況を呈していて、今年は標語・ポスターができています。
  「頭痛トンネルからの脱却をめざして」です。

ポスターどおり、嵯峨野の竹林の小径の先に明るさが見えます。
頭痛患者さんにとっては、そんな気持ちを表す写真であり、標語ではなかったかと思います。

また、頭痛診療のイメージカラーはグリーンです。
なんか気持ちも落ち着きますし、いいかなあと思います。
今後、グリーンリボンみたいな活動がおこってくるのでしょうか?

神経疾患では「てんかん」=パープル 「認知症」=オレンジとイメージカラーがあります。
いずれもmajorな疾患だけに、今後は「頭痛」=グリーンと定着していけばいいなあと思っています。

そういえば複合の選手で前半の飛躍で1位だった山本涼太選手が視覚的前兆を伴う片頭痛で苦しんでいたepisodeが新聞に掲載されていました。
ドーピングに詳しくないのですが、この選手にもCGRP製剤打てば、もっといい活躍ができるのではないかと心配しております。

まだ24歳ですし、いいお薬があるよと是非伝えてあげたいと思います。


池田脳神経外科 092-589-0150
池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
You Tube(池田脳神経外科公式チャンネル) https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload...

↑このページのトップヘ