キアガード

本日は「キアガード」という薬についてです。

ネット情報をみると、今流行の「天気頭痛」のくすりという記載があります。
何もかもが新しい、今どきの薬なの?!と思われる方に

違います~!

「天気頭痛」と言われる頭痛の多くは「片頭痛」です。
「片頭痛」患者さんであれば、天気が悪くなる前に「頭痛」を感じたことはあると思います。

その天気が悪くなる前におこる「頭痛」に対してむくみを取る薬(=漢方薬の五苓散)を内服したら改善することがあるというのも、以前からよく言われていたわけです。

「片頭痛」を「天気頭痛」と名称を変えて、「五苓散」を「キアガード」と名称を変えて販売しているということです。

 こういう薬がでるたびに患者さんから「新しい薬」が、もしくは「いい薬」がでたんでしょう~?!
と尋ねられることが多くありますので、私もたまにはこういうネットサーフィン的なことで情報収集しないといけません。

 つまり片頭痛に対して「五苓散」という以前からある漢方薬を名前を変えて販売しているということになります。是非お間違えないようにして下さい。

0069118500448923

新年度が始まりました。
コロナ感染症の影響で入社式が取りやめになったり、入学式そのものがなかったり、また大学などではGW明けないと始まらない。もしくは当面WEBのみというものも少なくないようです。

3月は入学・就職などで最後の受診の患者さんも増えました。
新天地での病院選びは、いつも書いていますが、日本頭痛学会のHPで地域の頭痛学会専門医を調べていただいて、アクセス・HP閲覧などして受診先を決めていただくように話しています。

4月はそいうことで、よそで片頭痛でみていただいた患者さんが入学・就職などを機に当地へ転居となり、外来でfollow upしはじめることも増えていきます。

そういうことで新天地での環境変化・ストレスへの上手な対応が求められます。
その一番目が上手な医師との関わりかたかもしれません。

医者によって言うことが違う。
これもよく言われる言葉です。仕方有りません。人間が違うので、多少違いがあるのはしかたありません。それも踏まえて新しい先生との良好な関係作りが求められます。

二番目は周辺の環境・職場・学校となります。新たなストレスが引き起こされる可能性があります。
環境は時間が経過すれば慣れていきます。でも、人は難しいです。
いろんな人がいますもん。場所が変われば医者・人も変わります。

そうかこういう周辺環境と上手につきあって、頭痛のおこる回数を減らしていくことが大きなカギになってくると言えます。

これからおおよそ1年は新型コロナウイルス感染症との戦いが続きます。皆さんそう覚悟して下さい。
自粛疲れもありますが、どうぞ先を見て下さい。

コロナ感染症も病期ごとの治療方法がきちんと体系化され、ワクチンが須く日本全土に行き渡るまで、この戦いはしばらく続きます。

明けない夜はないので、人類全ての叡智をふりしぼって戦い抜かねばなりません。
がんばりましょう~!!

smartphone

Neurology Clinical Practice(2020/3/4)という雑誌からの論文からです。

[Smartphone use and primary headache]
https://cp.neurology.org/content/early/2020/03/03/CPJ.0000000000000822

インドからの研究論文です。

まとめると、スマホの頻繁な使用で頭痛に鎮痛薬が効きにくくなるのでは?

片頭痛患者さんで、スマートホンをよく使用すると、頭痛の頻度が増え、鎮痛薬の使用量が増加していく事が報告されています。

当院の外来でも似たような話があり、ここからは私の考察ですが、いくつかのポイントがあると思われます。

①姿勢
どうしても猫背になり、眉間あたりにしわがよることが多く、頭痛に対しては決してよくない姿勢。
スマホ首などと呼ばれる先生もいらっしゃいます。

②電磁波の影響?
これは根拠がないのですが、患者さんで電磁波だと言う人がいます。使わないというわけにはいかないので、短時間に留めているという話しを聞きます。

③ブルーライト
脳の前頭前野を刺激して、睡眠深度が深くならず、それが原因で頭痛がおこりやすい環境になる。

このようなことを考えています。
便利さは意外にも不便になることもある。

片頭痛患者さんでは、スマートホンの使用頻度を減らした方がいいようです。

↑このページのトップヘ