まごたちにわやさしい


[[img(
https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html 
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

 

今回は最近の新しい片頭痛研究からのお話です。

 

片頭痛発症に対する食事の影響は知られているが、因果関係についてはあまりわかっていない。
中国からの「食習慣と片頭痛発症リスクとの因果関係および片頭痛リスク因子の研究」を行った。

 

(雑誌)Frontiers in Nutrition202367日)

(方法)83の食習慣と片頭痛およびそのサブタイプとの因果関係を調査するため、2サンプルのメンデルランダム化(MR)および双方向MRを実施した。また、ネットワークMRを用いて、片頭痛リスク因子の役割を調査した。

(結果)
片頭痛リスク低下と関連する食物は、コーヒー、チーズ、脂っこい魚、アルコール(赤ワイン)、生野菜、ミューズリー、全粒粉/全粒パンであり、これらのオッズ比の範囲は0.78から0.61であった。

②片頭痛リスクと正の相関が認められた食物は、白パン、コーンフレーク/フロスティ、鶏肉であった。

片頭痛と飲酒の種類との間には負の相関があり、片頭痛と1日当たりの紅茶の摂取との間に正の相関が認められた。


食事と片頭痛の関連は古くて新しい話です。
教科書的にも、いろんな事が書いてありますが、外国人だけに言われている事、日本人だけに言われている事など多種多様です。

私は最初に掲げた「まごたちにわやさしい」の話をしています。
また、糖尿・高血圧・高脂血症などの生活習慣病患者さんの食事指導をしていますが、
基本は「バランスの良い食事」です。

何何が良い。何々を食べ続ける的な発想はいけません。「バランスの良い食事」が一番いい事であると伝えています。

その中で糖尿であれば、炭水化物を控える。高脂血症であれば脂質を控えるなど、そのタイプに応じて付け加えるようにしています。

片頭痛ではやはり飲酒はXで紅茶はOです。
飲酒はやはりnegativeに働くことが多く、注意が必要です。

池田脳神経外科 092-589-0150

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/

池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc

あやケアプランセンター https://www.ayamedicalcareplan.com/

頭痛日記  http://headacheikeda.livedoor.blog/

認知症日記 http://dementiaikeda.livedoor.blog/

You Tube https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload

RCVS澤村

[[img(
https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html 
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日はロッテマリーンズの澤村投手におきた「RCVS」という病気について触れたいと思います。
「RCVS」可逆性脳血管攣縮症候群と日本語と呼びます。血管が攣縮することで突然の頭痛をひきおこす疾患であり、可逆性と最初に書いているとおり、おおよそ元の状況に血管も戻っていくとされています。

この病気は突然の頭痛(雷鳴頭痛)によっておこる病気です。
私は個人的に頭痛外来で気をつけるべき「急性頭痛三兄弟」として①クモ膜下出血 ②椎骨動脈解離 ③RCVSの3疾患をあげています。
このRCVS
1分以内にピークに達する雷鳴頭痛、または重篤な再発性頭痛で発症

2つ以上の異なる脳動脈に分節性の脳血管攣縮を認める


③ 攣縮は
3か月以内に改善し、約30%に何らかの脳卒中を合併する

疾患とされています。当院でも今年は約8ヶ月で2例経験します。毎年、数例は経験しますので、多い疾患ではないけれど、決して稀というほどではありません。

 性行為, 労作, 排便, 急激な感情の起伏, 入浴やシャワーなどが引き金となって発症することが知られています。澤村投手の新聞記事はわずかなので、どうやって発症したかは不明ですが、多くの患者さんは上記を引き金として発症しています。

 
RCVSは片頭痛の患者さんに多く、重度の片頭痛発作とRCVSの鑑別が困難なことも多く、私の経験でもいつもの片頭痛かと思っていたが、普段は効果のあるトリプタン製剤で効果がないために、再度問診したり、MRI検査にて診断まで辿り着いたケースもあります。

 一般的には、
予後良好な症例が圧倒的に多く、致死率は1%未満・生命予後の危険は5%未満、再発率は5-8%とされています。澤村投手も6日ほどの入院で退院。自宅で安静にして徐々に運動強度をあげ、来月実践復帰を予定しているようです。そうなると一般的なRCVSの経過と考えられます。

 治療としてはワソラン(ベラパミル)の内服をすることが一般的で、MRI検査を行い、血管の攣縮が改善し、頭痛が収まっていけば終了となります。

 この澤村投手の発病を機会に、もう少しこのような疾患が一般的に知られるようになることを祈っております。

池田脳神経外科 092-589-0150

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/

池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc

あやケアプランセンター https://www.ayamedicalcareplan.com/

頭痛日記  http://headacheikeda.livedoor.blog/

認知症日記 http://dementiaikeda.livedoor.blog/

You Tube https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload

プレゼンテーション1

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html 
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

 

本日は世界6ヵ国(カナダ、フランス、ドイツ、日本、英国、米国)における慢性片頭痛患者についての最新報告になります。

 

出典:Cephalalgia2023 Jun;43(6)

(方法)カナダ、フランス、ドイツ、日本、英国、米国で実施された調査では、国際頭痛分類の診断に基づいて片頭痛患者を特定した。

(結果)

   スクリーニング調査に正しく回答した90,613人のうち、76,121人は片頭痛の基準を満たしていなかったが、14,492人(16.0%)は基準を満たしていた。

   片頭痛のある回答者の平均年齢は4042歳であった。

   月間頭痛日数の中央値は2.333.33

   中等度から重度の障害を有する回答者の割合は30%(日本)から52%(ドイツ)であった。

   慢性片頭痛と考えられる月間頭痛日数が15日以上の回答者の割合は、5.4%(フランス)から9.5%(日本)であった。

   片頭痛の診断を受けたことがあると答えた回答者は、各国で半数以下であった。

(結論)これらの結果から、6カ国において片頭痛に関連した障害の割合が高く、片頭痛の診断が過小であることが示された。

このような報告は、インターネットが発達した現代では比較的簡単にできるようになりました。
国によっては医療体制も異なりますし、一番上に示しましたように頭痛で病院を受診するかどうかというのは国民性にもよります。(日本では、頭痛くらいでは病院にはいかないというのが主流?!)

今までも日本は頭痛=耐えるもの、頭痛=仕方ないものというニュアンスが大きいとされてきました。

実際問題としては片頭痛患者の割合は他の国と比較しても大きな変化はないし、むしろ慢性片頭痛患者の割合は他の国よりも高いくらいなんですが、日常生活支障度は低いというチグハグな結果になっています。

国民性といえば国民性なんですが、もう少し「頭痛で病院に行こう~」「今よりもっと楽に頭痛が治療できるんですよ~」ということが伝わるといいなあと思いました。

池田脳神経外科 092-589-0150

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/

池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc

あやケアプランセンター https://www.ayamedicalcareplan.com/

頭痛日記  http://headacheikeda.livedoor.blog/

認知症日記 http://dementiaikeda.livedoor.blog/

You Tube https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload

 


↑このページのトップヘ