kodomo_zutuu_otokonoko
[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html 
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

我々、医療者が頭痛不登校になっている子供さんに行うことは、「子供がどのような生活を送っているかを把握すること」です。大切な事は、登校刺激などによって子供の不登校の状態が今より更に悪化することを極力避けることであり、そのためには保護者や学校の先生達の協力も必要です。

 保護者には子供を朝起こすこと、希望すれば学校までの送迎はしてもよいと話しています。しかし肝心の登校する・しないの判断は子供自身に任せていただくように話しております。また学校の先生達に対しても、登校は子供の意志を尊重して欲しいことを保護者から伝えてもらうようにしています。

 しかし、ここでよく親御さんに「先生が頭痛を治してくれたら、この子はすぐ学校に行けるようになります。早く頭痛をなおしてくれ~!」と言われる事があります。確かに額面通りに言えば、頭痛で学校に行けないわけですので、頭痛が治れば学校に行ける。「犯人は頭痛」と考える発想は理解できます。しかし、多くの「頭痛があるので学校に行けない子供さん」の頭痛は前回も書きましたが、薬の内服だけでは決して治りません。それは、その子供さんに頭痛が実際あるのは否定しませんが、それ以外の要因(本人も把握できないこともあり)が大きい場合が圧倒的に多いからです。

 不登校はある意味、「学校に対して何某かの不安を抱えている状態」「学校に行くエネルギーが不足している状態」と考えていいと思います。例えば、高所恐怖症や閉所恐怖症といった人を思い浮かべるとわかりやすいです。高所恐怖症の人に説得したり、説教しても効果は全くありません。寧ろ、嫌な感情や不安が増すばかりです。また、学校に行くエネルギーが不足している状況であれば、エネルギーをためる時間つまり一定の休息・栄養(心も含めた)が必要ということになります。 

 次に取り組むのは「早寝・早起き・朝ごはん」という取り組みです。不登校になると日常生活のリズムが崩れがちです。特に両親共働きなどで、日中は子供さんだけだったりすると生活のパターンが逆になりがちです。そうなると、症状を余計悪化させます。

 学校に行く・行かないは一旦棚に上げて、普段通りの生活を送ることを最も大切な事と考えております。また、多くの「頭痛があるので学校に行けない子供さん」は午前中に外に出かけることを嫌います。恐らく学校に行く時間だからという既成概念があるからと思います。

 時間帯は別として毎日必ず体を動かすことをすることも大事な事と考えています。不登校から更に閉じこもりになるのを防ぐために、体を動かす事・外に出かける事を毎日に行うように指導しています。

 多くの「頭痛があるので学校に行けない子供さん」の頭痛は長期化していくことが多いようです。具体的にこうすれば必ず改善するという方法がないからです。一例一例状況が異なり、別々の対処が必要ですが、根気よく見守って行くことが大事なことのようです。


池田脳神経外科 092-589-0150

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/

池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc

あやケアプランセンター https://www.ayamedicalcareplan.com/

頭痛日記  http://headacheikeda.livedoor.blog/

認知症日記 http://dementiaikeda.livedoor.blog/

You Tube https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload

不登校

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html 
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

文部科学省は令和5104日「令和4年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」結果を公表しました。調査結果によると、小・中学校における不登校児童生徒数は299,048であり、前年度から54,108人増加し、不登校児童生徒の割合は3.2(前年度2.6%)と報告しています。

 不登校児童もしくは生徒とは「何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、登校しないあるいはしたくともできない状況にあるために、年間30日以上欠席した者のうち病気や経済的な理由による者を除いたもの」と定義しています。

登校できなくなり始めの頃、体の症状を訴えることが多くあり、その中で最も多い症状が頭痛と言われます。小学校から時折みられる頭痛があり、中学校のある時期から連日性頭痛になったなど、発症は思春期に多い。たまの発作性頭痛は薬が効いていたが、連日性の頭痛には薬が全く効かず、週末・長期休みには頭痛が軽いと子供自身も認識していることが比較的多いように感じます。

 頭痛の診療ガイドライン2021の小児・思春期の項に、新しく「不登校・不規則登校を伴う頭痛はどのような頭痛か、どう対処すればよいか」が加わりました。学童・生徒の一次性頭痛には、頭痛の薬物治療に抵抗する難治な頭痛があり、頭痛が理由で不登校・不規則登校を来すことがある。多くは慢性連日性頭痛を呈し、主な頭痛は慢性緊張型頭痛であるとされています。


 子供の頭痛診療においては、①学校の出席状態を確認する必要がある ②学校でのいじめなど子どものおかれた環境に配慮する ③精神疾患の共存も考慮すべきであるとされています。不登校児に対しては、心身医学的対処と適応指導教室などの教育機関につながることを勧め、頭痛と付き合いながら生活の改善を促すことを推奨するように記載されています。乳幼児期から高校生まで、子供は成長・発達の途上であり、頭痛診療においても成人とは異なる対応が必須であるとされています。


 学校欠席に関連する頭痛は、学校のある平日朝の強い頭痛で、頭痛薬はまず効果がありません。片頭痛の場合は治療薬が有効であるので、頭痛が軽快すると遅刻してでも登校できる子供もいます。しかし、朝の連日性頭痛は鎮痛薬が効いたと本人が言っても、登校できないケースも多く遭遇します。外来では、保護者が登校させようとの思いから毎日薬を飲ませているケースも遭遇します。

 現状を把握するのにも時間がかかり、子供自身が自分から話をしてくれるケースはいいのですが、話をしてくれないことも多いため、治療は非常に難渋することが一般的です。

池田脳神経外科 092-589-0150

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/

池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc

あやケアプランセンター https://www.ayamedicalcareplan.com/

頭痛日記  http://headacheikeda.livedoor.blog/

認知症日記 http://dementiaikeda.livedoor.blog/

You Tube https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload

IMG_9682
[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html 
にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

2月22日「頭痛の日」でした。
福岡市の西中洲にある旧福岡県公会堂貴賓館でグリーンライトアップキャンペーン2024 in 福岡を行いました。

1週間前から毎朝天気予報の週刊天気予報が気になっておりました。ずっと雨予報でしたし、実際同日も75%雨。

午後3時前に皆さんに集まっていただき、設営にかかりました。その頃は雨は降ってなかったのですが、テントを組んでから少しずつ雨粒が落ちてきました。

皆さんが頭痛のパンフレットを配ってくれたり、声掛けをしていただいたりして、テントの中に入って相談される人もいらっしゃって、目的が達成できました。本来ですと18時過ぎに日の入りとなるのですが、雨の影響で暗くなるのも早く、17時45分くらいにグリーンライトが点灯しました。

その瞬間は感無量でした。まずは、あの場所に立つことで満足感があり、皆さんのお手伝いに頭が下がり、おして疲れた頃にライトアップ。いいシナリオでした。

講演会の都合もあって、19時には私は場所を離れたのですが、スタッフの皆さんが雨の中、片付けまでしてくださり、更に更に感謝の1日でもありました。

来年は天気に左右されないように、天神~博多駅などの交通の便の良いところで「市民公開講座」を開き、更に旧福岡県公会堂貴賓館のグリーンライトアップまでもっていきたいと思っております。この1年かけて来年の「頭痛の日」projectを頑張っていこうと思っております。

また、ご報告いたします。

池田脳神経外科 092-589-0150

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/

池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc

あやケアプランセンター https://www.ayamedicalcareplan.com/

頭痛日記  http://headacheikeda.livedoor.blog/

認知症日記 http://dementiaikeda.livedoor.blog/

You Tube https://studio.youtube.com/.../UCvzun1zl.../videos/upload

↑このページのトップヘ