img_relivion_1
img_relivion_2

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]


本日は自宅で簡単にできる片頭痛治療器についてのご紹介です。

 以前もこのブログで紹介したことのある片頭痛治療機器(他社製品でしたが)が、ジェネリック医薬品販売で実績のある沢井製薬と日本における独占開発販売契約を締結したことが発表されました。
(https://www.sawai.co.jp/release/detail/521)

 以前報告した機器はCefalyというデバイスで、FDA(米国食品医薬品局)から認可されました。日本でも大阪の富永病院竹島先生などが報告されていました。

 この機器は片頭痛の原因となる三叉神経に電気刺激を与えて片頭痛を和らげるメカニズムでした。

 HPによりますと
 今回発表されたRelivionは、外科手術を伴わない非侵襲型のニューロモデュレーション機器で、Relivionを頭部に装着して三叉神経および後頭神経へ複合的に刺激を与えることにより、脳幹で神経伝達物質の放出を促進し、痛みや気分の制御に関連する脳内ネットワークを調節して効果を生み出します。

 患者さんが自宅にいながら使用でき、専用アプリを通じて、医師との治療データの共有やクラウドデータベース上に治療データのアップロードが可能。また、AI技術により治療を学習して解析し、患者さんの症状に合わせた治療ができるように設計されています。


 今後、日本での発売に向け2022年を目途に片頭痛を、さらに2023年を目途にうつ病を医薬品医療機器総合機構(PMDA)に申請予定
となっております。

 Relivionが承認されれば、在宅で使用できる日本で唯一のニューロモデュレーション機器となります。


 この機器は、今までの片頭痛治療(抗CGRP製剤なども)に加えて、行える治療機器になります。
実際の効果、お値段など未定な部分が多いのですが、今後の報告を大変楽しみにしています。

皮下注射
自己注射

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]


<a href="
https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

本日はこの話題です。
ずっとこのブログでも紹介しつづけた抗CGRP抗体製剤が1月22日製造販売を承認されました。

イーライリリー社が製造し、イーライリリー社と第一三共社で販売されます。

名前が「エムガルティ」です。
少し言いづらいし、覚えにくいネーミングです。

実際、いつから使用可能で、いくらくらいの値段になるかは未定です。
決まり次第、お知らせ致します。

これ以降、アムジェン社、大塚製薬社と同効の薬剤2剤が年内に発売を予定されています。

当院でも4年前から26人の患者さんに治験を行わさせていただきました。
それだけにやっと発売されますので感慨深いです。

上の写真が皮下注射用で、下の写真が自己注射用だと思われます。

既に当院通院中の患者さんには告知し始めています。特に治験で効果が得られた患者さんは楽しみにされています。

使う私も大変楽しみですし、これえからの片頭痛治療が大きく変わっていく可能性があると考えています。

片頭痛でお困りの患者さんも是非楽しみにしていただきたいです。

d43196-51-173668-0

[[img(https://sick.blogmura.com/headache/img/headache88_31.gif)]]
[
https://sick.blogmura.com/headache/ranking.html にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ(文字をクリック)]


<a href="
https://blog.with2.net/link.php?1874798";;;;;;>人気ブログランキングへ</a>
ランキングに参加しています。クリックをお願いします。

 

令和32発目のブログも最新研究からになります。

 

雑誌:Headache. 2020 Dec 21.doi: 10.1111/head.14037.

 

著者:Kobina K Hagan (Haravard University)

 

目的:発作性片頭痛成人患者94例を対象に、定期的な運動と頭痛の発生頻度、強度および期間の関連を前向きで検討した。

結果:調査開始時に週3回以上の中強度運動を実施していた患者群で運動量が少ない患者群より1カ月当たりの頭痛日数が1.5日少なかったが、この関連は統計的有意ではなかった(P0.066)。

運動と1カ月当たりの頭痛日数の関連性の強さは、調査開始時の頭痛予防薬使用状況により異なった(交互作用のP0.009)。頭痛予防薬を定期的に使用しており中強度の運動を実施している患者は、運動量が低い患者より頭痛日数が5.1日少なかった(P0.001)。

頭痛予防薬を使用しておらず中強度の運動を実施している患者の1カ月当たりの頭痛日数の減少は0.4日で、統計的有意差はなかった(同-2.2-1.3P0.636)。

 

結論:中強度の運動と頭痛強度や期間との関連は見られなかった。

 

単に運動をするだけでは、片頭痛回数が減るわけではないですよという論文です。

私は患者さんに定期的な運動をしなさいという生活指導はしていません。

頭痛体操をするように勧めております。

 

池田脳神経外科ホームページ http://www.ikedansc.jp/
池田脳神経外科フェイスブック https://www.facebook.com/ikedansc
頭痛日記 https://blogs.yahoo.co.jp/neuroikeda
認知症日記 https://blogs.yahoo.co.jp/dementiaikeda


↑このページのトップヘ